ニュース

toi presents 3rd『あゆみ』がこまばアゴラ劇場で6月18日から上演、アフタートークに杉原邦生

こまばアゴラ劇場(東京・駒場)にて、toi(トイ)による公演『あゆみ』が、6月18日(水)から24日(火)まで上演される。

toiは2006年にInnocentSphereより派生した劇団内レーベル。2007年よりInnocentSphereの黒川深雪を主催として、宮永琢生(ZuQnZ、青年団演出部)がプロデュースを手がけ、劇団から独立した。

自らを劇作者と名乗り、異ジャンルの手法を積極的に取り入れ、先鋭的な感性で人間の本質を描き出す劇作家・演出家の柴幸男が演出に参加。年に1度のペースで公演を行っている。

アフタートークには次期サミットディレクターの杉原邦生をはじめ、『あゆみ』のキャスト全員の参加などが予定されている。

まずは右足。
爪先で地面を蹴って、足の裏が宙を浮く。
すると前から母の声が聞こえてくる。
薄紅色の声に引かれて一歩前へ。

次に左足。
膝を少し曲げながら、太ももを持ち上げる。
すると後ろから父の匂いがかすかに漂う。
大きな手に押されて一歩前へ。

もう一度、右足。

ゆっくり手を振り、少し顎をひく。
すると横にあなたがいることに気がつく。
静かな息づかいに寄り添ってもう一歩前へ。

これまでずっとそうしてきた。
これからもずっとそうしていく。

あゆみが止まるそのときまで。

toi presents 3rd『あゆみ』
2008年6月18日(水)~24日(火)
作・演出:柴幸男(青年団演出部)
出演:
黒川深雪(InnocentSphere)
宇田川千珠子(青年団)
内山ちひろ(インパラプレパラート)
小澤恵(劇がく杜の会)
斎藤淳子
桜井美弥乃(プロダクション・タンク)
高橋ゆうこ
立蔵葉子(青年団)
端田新菜(青年団)
廣野未樹(Unit woi)

料金:
前売、当日2,000円
ペアチケット3,000円(日時指定 2枚)
平日マチネ割引1,500円(6月20日(金)14:00、6月24日(火)14:00)

「アフタートーク」各回終演後20分ほどを予定
2008年6月18日(水)19:30
ゲスト:岸井大輔(POTALIVE)
2008年6月19日(木)19:30
ゲスト:杉原邦生(KUNIO、木ノ下歌舞伎、'g、こまばアゴラ劇場 次期サミットディレクター)
2008年6月20日(金)19:30
ゲスト:あゆみキャストオールメンバー

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像