ニュース

ストリート・カルチャーのルーツを探るドキュメンタリー『ビューティフル・ルーザーズ』

ストリート・カルチャーと呼ばれている多種雑多なものたちのルーツと、鮮烈なムーブメントを巻き起こしたアーティストたちの軌跡を描いたドキュメンタリー『ビューティフル・ルーザーズ』が、8月2日(土)よリ、シネマライズ他にて公開される。

90年代初頭のアメリカ。スケートボード、サーフィン、パンク、ヒップホップ、グラフィティの真っ只中で遊び、世の中から「落ちこぼれ(ルーザーズ)」と烙印を押された若者たち。そんな彼らこそが、マーク・ゴンザレス、マイク・ミルズ、バリー・マッギー、ハーモニー・コリン、シェパード・フェイリーたちだった。

彼らの「アート」をいち早く見出したのが本作の監督であり、ニューヨークで「ALLEGED GALLERY(アレッジド・ギャラリー)」を設立したアーロン・ローズ。たった数年間でアレッジドから生まれたアートは世界的に脚光を浴びるようになった。

勝手気ままで型にはまらず、時には非難され、時代の流行とは正反対のその揺らぐことのないそのスタイルと彼ら自身、そして生み出される作品の魅力に迫るドキュメンタリームービーとなっている。

『ビューティフル・ルーザーズ』
2008年8月2日(土)よリ、シネマライズ他にてロードショー
監督:アーロン・ローズ、ヨシア・レナード
キャスト:
トーマス・キャンベル
マーク・ゴンザレス
ジョー・ジャクソン
クリス・ジョハンソン
マーガレット・キルガレン
ハーモニー・コリン
ジェフ・マクフェトリッジ
バリー・マッギー
マイク・ミルズ
エド・テンプルトン
スティーヴン・パワーズ
シェパード・フェイリーほか
2008年/アメリカ/カラー
配給:ファントム・フィルム

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開