ニュース

奈良美智、レイコイケムラら参加、『エモーショナル・ドローイング』展

東京国立近代美術館企画展ギャラリーにて、10月13日まで、今日におけるドローイング的表現のあり方と可能性を探る展覧会『現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイング』が開催されている。本企画はその名の通り、同館が1984年より始めたシリーズ『現代美術への視点』の第6回にあたるもの。

いずれもアジア、中東地域の出身者という出品作家16名には、奈良美智、レイコイケムラ、ジュリアオ&マニュエル・オカンポ、ピナリー・サンタピックなどの他、日本初紹介となる作家の名も多く並ぶ。

作家の生々しい感情の定着として「ドローイング」を広く捉える本展。一般的、単一的に想起される「紙の上の線と色」としてのそれらの中に実はある、方法論の違い、また、インスタレーションやアニメーションなどを含む技法としての多様さなど、理性的に「完成」された作品の根源としての「ドローイング」像を様々に展開する。

『現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイング』
2008年8月26日(火)~10月13日(月)
会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
休館日:月曜(9月15日と10月13日は開館、9月16日休館)

参加作家:
レイコイケムラ
アマル・ケナウィ
アヴィシュ・ケブレザデ
キム・ジュンウク
ホセ・レガスピ
ナリニ・マラニ
奈良美智
ジュリアオ&マニュエル・オカンポ
S. テディ D.
坂上チユキ
ピナリー・サンピタック
ミトゥ・セン
アディティ・シン
シュシ・スライマン
辻直之
ウゴ・ウントロ

料金:一般850円 大学生450円
入館当日に限り、『壁と大地の際で』と所蔵作品展『近代日本の美術』も観覧可能
(画像:奈良美智 《untitled》 2008年 photo: Kei Okano c the artist)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー