ニュース

大島渚、新藤兼人から渥美清、勝新太郎まで手がける映画音楽家、林光の特集上映

これまでに130本以上の映画音楽を手がけ、新藤兼人、大島渚、増村保造、吉田喜重、松山善三など多くの巨匠たちの作品を彩った作曲家、林光。喜寿を迎えた今年、60年に及ぶ活動の集大成となるCD20枚と本がセットとなった『林光の音楽』が刊行され脚光を浴びる中、林光が音楽を担当した映画の特集上映『映画音楽家 林光の世界-大島渚、新藤兼人から渥美清、勝新太郎まで-』が、11月8日(土)から11月21日(金)までシネマート六本木で開催される。

今回の特集上映は、日本映画史上に輝く傑作・秀作と言われる12作品が上映される。11月9日(日)には林光自身が出演するトークイベントが行われる他、11月19日(水)には幅広い知識を持つスタディスト、岸野雄一が林光の映画音楽の魅力について語る予定だ。

『映画音楽家 林光の世界-大島渚、新藤兼人から渥美清、勝新太郎まで』
2008年11月8日~11月21日
会場:シネマート六本木(東京・六本木)

上映作品:
『第五福竜丸』(1959)
『裸の島』(1960)
『三文役者』 (2000) 以上 新藤兼人 
『白昼の通り魔』(1966)
『少年』(1969) 以上、大島渚 ※ニュープリント
『名もなく貧しく美しく』松山善三(1961)
『秋津温泉』吉田喜重(1962)
『真田風雲録』(1963) 加藤泰
『アンデスの花嫁』羽仁進(1966)
『白昼堂々』野村芳太郎(1968)
『やくざ絶唱』増村保造(1970)
『恋の夏』恩地日出夫(1972)    

ゲストトーク:
2008年11月9日(日)14:00の回上映後、16:20の回上映前
ゲスト(予定):林光&スペシャルゲスト

2008年11月16日(日)14:00の回上映後
ゲスト(予定):小沼純一(音楽評論家)×片山杜秀(音楽評論家)

2008年11月19日(水)19:20の回上映後
ゲスト(予定):岸野雄一(スタディスト・音楽家)

料金:
前売1,100円(劇場窓口、チケットぴあ)
当日 一般1,300円 学生・シニア1,000円 サービスデーあり

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催