ニュース

音楽評論家の片山杜秀、16日には小沼純一とトークショーも開催

音楽評論家の片山杜秀の著書『音盤考現学』『音盤博物誌』が、第30回サントリー学芸賞と第18回吉田秀和賞に続いてのダブル受賞の快挙を果たした。

これに関連して、シネマート六本木にて11月8日(土)から21日(金)まで開催中の『映画音楽家・林光の世界』映画祭で、11月16日(日)14:00の回の上映後に、トークショーが開催される。

『映画音楽家 林光の世界-大島渚、新藤兼人から渥美清、勝新太郎まで』

2008年11月8日~11月21日
会場:シネマート六本木(東京・六本木)

上映作品:
『第五福竜丸』(1959)
『裸の島』(1960)
『三文役者』 (2000) 以上 新藤兼人 
『白昼の通り魔』(1966)
『少年』(1969) 以上、大島渚 ※ニュープリント
『名もなく貧しく美しく』松山善三(1961)
『秋津温泉』吉田喜重(1962)
『真田風雲録』(1963) 加藤泰
『アンデスの花嫁』羽仁進(1966)
『白昼堂々』野村芳太郎(1968)
『やくざ絶唱』増村保造(1970)
『恋の夏』恩地日出夫(1972)

2008年11月16日(日)14:00の回上映後
ゲスト:小沼純一(音楽評論家)×片山杜秀(音楽評論家)

2008年11月19日(水)19:20の回上映後
ゲスト:岸野雄一(スタディスト・音楽家)

料金:
前売 1,100円(劇場窓口、チケットぴあ)
当日 一般1,300円 学生・シニア1,000円 サービスデーあり

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像