ニュース

室伏鴻、注目株の若手作家たちを束ねるダンス公演『ラボ20 #20 Restart』

ダンス公演『ラボ20 #20 Restart』が21日より、ST Spot(神奈川・横浜)にて開催される。公演は23日まで。

コンテンポラリーダンスにおける若手作家の発掘・育成を目標とするダンス企画「ラボ20」では、毎回異なるキュレーターを招き、若手作家たちによるダンス公演を実施している。

20回目を迎える今回、キュレーターを務めるのは、『HARAJUKU PERFORMANCE + SPECIAL』への出演も決定した室伏鴻。土方巽に師事し、1972年には「大駱駝艦」の創立・旗揚げに参加するなど国内外で独自の舞踏を披露している彼がデザインした公演で、才能溢れる若手作家たちのパフォーマンスが繰り広げられる。

危ういのが好き、縁にキワドくさらされたカラダが好き。
脆さとメタモルフォーズの、ふるえる境界で闘っているヒトが好き。
そして他へと接続する野蛮で繊細な意志の、断面が好き。
抵抗と惑乱。奇妙な、滑稽で悲惨なエレガンス。
とは言いつつ、あらゆる先入見を捨てて<生成する無垢の出来事>に
立ち会いたいと思います。ワンダー、それが(ダンスの)幸運です。
室伏鴻

なお、同公演に向けてボランティアスタッフも募集している。興味のある方はST Spotまで。

『ST Spot ラボ20 #20 Restart』

2008年11月21日(金)~23日(日)
会場:ST Spot(横浜)
キュレーター:室伏鴻(KO MUROBUSHI)
サポート・コレオグラファー:鈴木ユキオ(YUKIO SUZUKI)

出演:
Aプログラム
青山るりこ(RURIKO AOYAMA)
川上暁子(AKIKO KAWAKAMI)
清家悠圭(YUKA SEIKE)
林直美(NAOMI HAYASHI)
ヤスキチ(YASUKICHI)
山崎麻衣子(MAIKO YAMASAKI)

Bプログラム
小池陽子(YOKO KOIKE)+岡田理恵子(RIEKO OKADA)
澤田有紀(YUKI SAWADA)
関かおり(KAORI SEKI)
藤巻有貴(YUKI FUJIMAKI)
まくらとジョーロ(MA TO JYO)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く