ニュース

独自の風景論で撮った中国、モンゴル、モロッコ、津田直『SMOKE LINE−風の河を辿って』

新たな風景表現の潮流を切り開く写真家として近年注目を集めている津田直の個展『SMOKE LINE−風の河を辿って』が、12月21日(日)まで資生堂ギャラリー(東京・銀座)にて開催されている。

津田は1976年生まれの写真家。大阪や東京を中心に活動し、近年は海外にも活躍の場を広げている。津田は各地を旅し自らを風景に溶け込ませる独特の視点で、私たちを囲む風景の拡がりや、時間の流れの大きな連続性など、写真では体験できないものを写しとることを試みてきた。津田の作品の風景には、深い奥行と、透明な空気感、静かながら観るものを作品の奥へと惹きつける鋭さと強さがある。

本展では、中国、モンゴル、モロッコを旅して3年の歳月をかけて制作した新作を資生堂ギャラリーならではのスケール感で紹介。津田は新作に臨むにあたり、全ての領域を移動し続け私たちの世界を帯状につなぎ保つ「風」に着目し、世界の普遍的な構造を写真で表現することに挑戦した。

大展示室では、3地域で撮影した砂漠、湖、稜線、河、雲海、屋根等異なる風景を混在させ、図の集積から空間や時間の無限の拡がりを感じさせる絵巻物のイメージで構成。小展示室では、津田が風に導かれて出会った人々と過ごした時間を通して視えてきた「個」の存在に光をあて、村、家族などの単位での人の営みを表現。大小展示室を通して、私たちを囲む「世界」のダイナミズムと「人」の営みとの関りが視えて来るに違いない。

一見隔たりのある地域同士が、自然界のスケールでは同一のものとして線を結び、世界をつなぎ保つ透明の帯「SMOKE LINE」が浮かびあがる。千年単位のスケールでランドスケープと向き合い、独自の風景論を唱える写真家津田直の、新たな世界に期待したい。

津田直展
『SMOKE LINE―風の河を辿って』

2008年10月28日(火)~12月21日(日)11:00~19:00(日曜・祝日 11:00~18:00)

会場:資生堂ギャラリー(東京・銀座)
休館日:月曜日
料金:無料

主催:株式会社 資生堂

(画像:© TSUDA Nao)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと