ニュース

ハリウッド最強のアクションスターのヴァン・ダム、私生活もヒーローとしての人生も崖っぷち

『ユニバーサル・ソルジャー』『タイムコップ』『ストリートファイター』『サドン・デス』などの作品に出演。1990年代を席巻したハリウッドが誇る最強のアクションスター、ジャン=クロード・ヴァン・ダム。そんな彼が今までのイメージを破壊して新境地を切り開いた『その男ヴァン・ダム』が、12月27日(土)よりシネマライズ(東京・渋谷)他にて公開される。

アクション映画に革命を起こしたヴァン・ダム。しかし、21世紀では既に時代遅れ、金銭トラブル、勝ち目のない娘の親権争い、仕事は風前の灯・・・。そんな彼はロサンゼルスから逃れ、故郷ブリュッセルへ向かう。気力も残高も果てた彼に、娘の親権裁判の担当弁護士から、費用を早急に支払わなければ弁護を降りると告げられる。何とか資金を得たヴァン・ダムは郵便局に向かうが、郵便局は強盗団が襲撃中で銃声が鳴り響いていた。そして、これはヴァン・ダムの長い長い一日のほんの幕開けに過ぎなかった。これは、どん底の男ヴァン・ダムに起こった、哀しい物語である。

ヴァン・ダムに限りない愛を込めてこのとんでもない作品に挑んだのは、新進気鋭のマブルク・エル・メクリ監督。さらに、本作の企画に共鳴したヴァン・ダムが主演のほかにエグゼクティブ・プロデューサーも務め、脇を固めるのもベテラン俳優ばかり。ヴァン・ダムが、自ら「どん底」のヴァン・ダムを演じる。これはマジな演技か、悪ノリのセルフ・パロディか、ヤケクソの開き直りか!?

『その男ヴァン・ダム』

2008年12月27日(土)より、シネマライズ他全国順次ロードショー

監督・脚本:マブルク・エル・メクリ
エグゼクティブ・プロデューサー:ジャン=クロード・ヴァン・ダム
撮影監督:ピエール=イヴ・バスタール
美術:アンドレ・フォンスニィ
編集:カコ・ケルバー
オリジナル音楽:ガスト・ワルツィング

キャスト:
ジャン=クロード・ヴァン・ダム
フランソワ・ダミアン
ジネディーヌ・スアレム
カリム・ベルカドラ
ジャン=フランソワ・ウォルフ
アンヌ・パウリスヴィック

2008年/ベルギー=ルクセンブルク=フランス/
カラー/96分
配給:アスミック・エース

(画像:© 2008 GAUMONT-SAMSA FILM)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで