ニュース

BEAMSの新プロジェクト『TOKYO CULTUART』、東京から生まれるカルチャーを紹介

世界中のファッション、カルチャー、ムーブメントを日本に紹介してきたBEAMS(ビームス)による新プロジェクト『TOKYO CULTUART』がこの冬スタートする。

同プロジェクトは世界から注目を集める都市「東京」から生み出されるアート、デザイン、カルチャーを世界に発信するとともに、それらを生活に取り入れることを提案する場として行われるもの。

ビームス原宿の3階にオープンするフラッグシップショップでは、クリエイティブオフィスのような店内に横尾忠則、小野英樹、田尾沙織、HEAVOGON、Gelchop、PUCCI、佃弘樹などをはじめとする作家によるアート作品や、NUMABOOKSセレクトによる書籍、デザインプロダクツ、コレクター心をくすぐるフィギュアやソフビなどの限定トイを展開。さまざまなジャンルを横断することにより混沌とした東京らしさが表現されるという。

名前に「CULT(熱狂)」「CULTURE(文化)」「ART(芸術)」の意味が込められている同プロジェクト。東京の新しい情報発信の場としてチェックしておこう。

『TOKYO CULTUART by BEAMS』

2009年12月18日(木)オープン
住所:渋谷区神宮前3-24-7 3F
営業時間:11:00~20:00
電話:03-3470-3251

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)