ニュース

批評家、ミュージシャン大谷能生がジャズ評論家瀬川昌久と『日本ジャズの誕生』を共著

CINRAが発行していたフリーCDマガジン『CINRA MAGAZINE vol.14』でインタビューを掲載している大谷能生が、ジャズ評論家・瀬川昌久との共著『日本ジャズの誕生』を2008年12月に青土社から出版することが決まった。

大谷能生は批評家、ミュージシャンとしてアンダーグラウンドミュージックシーンと深くかかわり、「sim」などのバンドにも参加してきた。その大谷を一躍有名にしたのが、菊地成孔ダブ・セクステットで新しいジャズを模索する菊地成孔とジャズについて共著した『憂鬱と官能を教えた学校』や『東京大学のアルバート・アイラー』だった。

今回の『日本ジャズの誕生』は、日本においてのジャズ評論のパイオニアである瀬川昌久から、ジャズが日本の文化土壌にいかに根付き、第2次世界大戦開始とともにジャズがピークに達するプロセスを書き起こしている。

※記事公開時に書籍名を誤って表記しておりました。訂正してお詫びいたします。

『日本ジャズの誕生』

2008年12月発売予定
著者:瀬川昌久、大谷能生
価格:2,310 円(税込)
出版:青土社

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mom“ひみつのふたり”

5月22日発売の2ndアルバム『Detox』から“ひみつのふたり”のMVが公開。美容室らしき場所で、彼は自身の仕上がりに終始不安げで不服そうな顔を見せつつも、最終的にはひどい有様の自分を受け入れてその場を去っていく。そんな冷静さを持っているからこそ、ふと見せる<もう一層の事 牙でも生やして / 君の肩に齧り付きたい><買い換えたばかりの携帯は / 早いとこ傷つけたくなる>といった破壊衝動にハッとさせられてしまう。(中田)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密