ニュース

理想の家と現実の家、その間に存在する奇妙な関係性を描き出す、束芋『ハウス』展

女性現代美術作家・束芋(たばいも)による、理想の家と現実の家をテーマにした『ハウス』展がギャラリー小柳(東京・銀座)にて開催される。期間は、2008年12月20日(土)~2009年2月14日(土)まで。

束芋は1975年兵庫県生まれ。国内外で意欲的に活動を広げ、その存在感のある映像作品は国際的な評価を得ており、ヴェネツィア・ビエンナーレ・イタリア館企画展へ招待作家として出展し成功をおさめた経歴を持つ。コンピュータに取り込まれた独特の手描き線画からなるアニメーション作品は、日本の日常風景における象徴的なイメージをモチーフとしながら、穏やかに見える光景の表層下に潜む現代の日本社会が抱える複雑な問題点を描く。

本展では、2007年ヴェネツィア・ビエンナーレ出展以来初公開となる映像インスタレーション作品『dolefullhouse』と、その共通テーマによって展開される新作ドローイングおよび版画作品を紹介。ドールハウスという現代における「理想の家」と、日常生活を営む「現実の家」との間に存在する、奇妙な関係性へと向う束芋の視線が展開される。

束芋
『ハウス』

2008年12月20日(土)~2009年2月14日(土)11:00~19:00
会場:ギャラリー小柳(東京・銀座)
休廊日:日月祝、12月28日(日)~ 1月7日(水)

オープニング・レセプション

2008年12月20日(土)18:00~20:00

(画像:束芋 "dolefullhouse" (スチル)、2007 ©Tabaimo / Courtesy of Gallery Koyanagi)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと