ニュース

ベルリンを拠点に活動する小金沢健人、新作インスタレーションを中心とした個展『動物的』

映像やパフォーマンス、ドローイングなど幅広い活動を行う作家・小金沢健人の個展『小金沢健人展 動物的』が、4月5日(日)まで香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて開催中だ。

小金沢は国内の美大を卒業後、ドイツに渡ってベルリンを拠点に活動を続け、その独特の鋭い映像感覚が欧米を中心に高い評価を得ている。身の回りにあるものを作品の素材として用いながらそこに意表をつく方法で手を加え、動きや音などと組み合わせることで、日常の中に潜む謎や美しさ、おかしみを現前させる。

同展は、国内の美術館では初めてとなる個展で、新作インスタレーションを中心に構成。小金沢の現在の姿を紹介するとともに、今後の新たな展開を予感させるものとなっている。

MIMOCA'S EYE vol.2
『小金沢健人展 動物的』

2009年1月18日(日)~4月5日(日)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県丸亀市)
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
会期中無休

キュレーターズ・トーク

2009年2月15日(日)、3月1日(日)、15日(日)、29日(日)
各日14:00から

(画像上:Takehito Koganezawa propagation of electric current 2009 installation view at MIMOCA、画像中:Takehito Koganezawa Four Masks, Ray 2008、画像下:Takehito Koganezawa unfocused world 2009 installation view at MIMOCA)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開