ニュース

奇妙でウィットに富んだエストニアアニメを紹介『ラピュタアニメーションフェスティバル2009』

優れたアニメーション作品を多く生みだしているエストニアから日本初公開となる全38作品(9プログラム)を一挙に上映する『第9回ラピュタアニメーションフェスティバル2009』が、3月15日からラピュタ阿佐ヶ谷で開催される。

上映されるのは50年の歴史を持つエストニアの立体アニメーションのスタジオ「ヌクフィルム」、若手の個性が輝く平面アニメーションのスタジオ「ヨーニスフィルム」から選りすぐりの作品群に加え、エストニアアニメーション界の巨匠プリート・パルンの最新作『ガブリエラ・フェッリのいない生活』を含めた見ごたえのあるプログラム。これほど多くのエストニアアニメーション作品が公開されることは日本では初めてのことだという。

エストニアのアニメーション監督であるラオ・ヘイドメッツからは「エストニアの監督は商売になる、ならないなど考える必要はないんだ。自分の創りたい物を悶々と考える。そして作る。お金は国が出してくれるしね。それに国民もそんな作品が大好きなんだ。」とエストニアの制作背景が感じられるコメントもとどいている。

日本のアニメーションとは一風変わった、奇妙でウィットに富み、不条理かつ現代の社会問題を諷刺したエストニアアニメーション。世界各国のフェスティバルで数々の受賞を重ねてきた作品たちに触れることの出来るまたとないチャンスになるだろう。

『第9回ラピュタアニメーションフェスティバル2009』

2009年3月15日(日)~4月11日(土)

会場:ラピュタ阿佐ヶ谷(東京・阿佐ヶ谷)
料金:一般1,200円 シニア学生1,000円 こども(中学生以下)500円 会員800円 3回券2,700円
水曜サービスデー1,000円
問い合わせ:ラピュタアニメーションフェスティバル事務局 03-5327-3786

(画像:『カール・アンド・マリリン』プリート・パルン ©EESTI JOONIS FILM)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告