ニュース

日韓合同制作によるシェイクスピアの新機軸『オセロー』、イ・ユンテクが演出

シェイクスピア4大悲劇において最もダイレクトな愛の物語『オセロー』が、2月27日(金)から3月1日(日)まで池袋の東京芸術劇場中ホールにて上演される。同公演は2月26日から3月29日まで開催される『フェスティバル/トーキョー』の上演プログラム。

『オセロー』は完全すぎるカップルが猜疑と嫉妬の修羅場へと転落してゆく美しくも残酷な戯曲。本作は平川祐弘がオセローに殺された妻デズデモーナの霊が思い出を生き続けているという設定を用いて、能の台本に書き直した作品だ。

今回の公演は韓国現代演劇界を代表する演出家、イ・ユンテクが演出。彼の劇団「演戯團コリペ」と、2005年に行われた『オセロー』初演時の中心俳優が出演する日韓俳優のコラボレーションにより、新境地へ突入する意欲作となっている。

なお、今回の公演に関してイ・ユンテクは「私はこの作品に韓国のシャーマニズムを盛り込み、「魂との対話」という形に処理しました。日本の観客にとっては、そこが新鮮だろうと思います。」とコメントしている。

『オセロー』

2009年2月27日(金)~3月1日(日)
会場:東京芸術劇場 中ホール

演出:イ・ユンテク

キャスト:
美加理(ク・ナウカ シアターカンパニー)
阿部一徳(ク・ナウカ シアターカンパニー)
大高浩一(ク・ナウカ シアターカンパニー)
金 美淑(演戲団コリペ)
李 承憲(演戲団コリペ)
吉植荘一郎(ク・ナウカ シアターカンパニー)
野原有未(ク・ナウカ シアターカンパニー)
片岡佐知子(ク・ナウカ シアターカンパニー)
関根淳子(ク・ナウカ シアターカンパニー)
桜内結う(ク・ナウカ シアターカンパニー)
杉山夏美(ク・ナウカ シアターカンパニー)

料金:一般4,500円(S席) 3,500円(A席) 学生3,000円(要学生証提示) 高校生以下1,000円 
チケット取り扱い:
フェスティバル/トーキョー
ぷれいす
電子チケットぴあ(Pコード:391-400)
e+
東京芸術劇場チケットサービス 03-5985-1707
F/T回数券(3演目/5演目)、F/Tパス、ペアチケットあり

(画像:© LEE Do-hee)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く