ニュース

パルコファクトリー、伝説の1969年「TOKYOカルチャー」を振り返る18日間

1969年のTOKYOカルチャーをメディアミックスの形で表現するイベント、PARCO 40th anniversary『TOKYO1969』が5月29日から渋谷のパルコファクトリーで開催されている。

1969年といえば、携帯電話もインターネットもコンビニもまだない時代。東大安田講堂に学生が立てこもり、新宿西口広場にはフォークゲリラが集結。アポロ11&12号が月面着陸に成功し、ビートルズには解散説が流れ、40万人もの大観衆を集めたウッドストック・フェスティバルが開催された年でもある。

そんな若者を中心としたサブカルチャーのムーブメントが爆発していた1969年から40年を迎えた2009年。当時20歳だった立川直樹が、その時代の東京の風俗、流行、気分を現代に伝える1冊『TOKYO 1969』(日本経済新聞出版社)を発表したのにちなみ開催されるのが、今回の展覧会だ。

1969年TOKYOカルチャーを「読める! 聞ける! そして訊ける! 聴ける! 空間を目指した」という会場では、当時のレコードの展示に加え、元ガロのヴォーカル・大野真澄を迎えたトークイベントや5.1chサラウンドで聴くレコードコンサートなどを開催予定。貴重な当時の広告、イベントポスター、写真家・森山大道の作品などを展示するほか、ウッドストック・フェスティバルの映像上映も予定されるなど、「あの頃」のカルチャーを存分に体感できる。また、ENZO(アートブレイカーズ)による空間演出にも注目だ。

PARCO 40th anniversary
『TOKYO1969』

2009年5月29日(金)~6月15日(月) 
会場:パルコファクトリー(渋谷パルコ パート1・6F)
料金:一般300円 学生200円(小学生以下無料)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に