ニュース

漫画家・鈴木志保コミック&CD発売記念イベント、鈴木志保がDJに挑戦

漫画家・鈴木志保の作品『薔薇のかたちのシ』の発売を記念したイベントが、7月7日に六本木スーパーデラックスで開催される。主催はDJまほうつかい(西島大介)、pola、吉田アミが参加するカリフォルニアドールズなどの音源をリリースするCommune Disc。

『薔薇のかたちのシ』は、薔薇の化身「キャサリン・モーレー」の大冒険を描いた作品。6月19日には『薔薇のかたちのシ』の世界観を音楽で表現したイメージサウンドトラックも発売されている。

同イベントでは鈴木志保によるトークはもちろん、サントラにも参加しているKUKNACKE、hosomi+aen、utah kawasakiによるライブを予定。また、360°Recordsの虹釜太郎、鈴木志保本人によるDJも行われるという。

さらに、鈴木志保描き下ろしの「七夕ペーパーマンガ」の配布や、じゃんけんで勝ち抜いた勝者にプレゼントされるファン必見の生イラスト、音楽・文筆・前衛家として知られる吉田アミによる「作品リスト&レビュー ペーパー」のプレゼントなど見逃せないスペシャルイベントが満載となっている。

『薔薇のかたちのシ』 COMIC&CD発売記念イベント
-Commune Disc レーベル10周年企画-

2009年7月7日(火)OPEN / START 19:00
会場:六本木スーパーデラックス(東京・六本木)

トーク
出演:鈴木志保
司会:鈴木康文(Commune Disc)

ライブ:
KUKNACKE(PANTY)
hosomi+aen
utah kawsaki

DJ:
鈴木志保
島田一志(JIVE)
虹釜太郎(360°records)

サイン会:
サイン対象書籍は『薔薇のかたちのシ』のみ、当日会場でも購入可能

[スペシャルプレゼント1]
鈴木志保が描いた生イラストをじゃんけんの勝者2名にプレゼント
[スペシャルプレゼント2]
来場者全員に、鈴木志保描き下ろしの「七夕ペーパーマンガ」をプレゼント
[スペシャルプレゼント3]
来場者全員に、コンピ参加ミュージシャンであり、マンガソムリエとして活躍中の
吉田アミ編集による「作品リスト&レビュー ペーパー」をプレゼント

料金:予約2,000円 当日2,500円 (ドリンク別)
主催:Commune Disc
協力:JIVE

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと