ニュース

cutman-booche、ワンマンライブでカメラマンを一般から募集

本日6月17日にニューアルバム『my way』をリリースしたcutman-boocheが、代官山UNITで行うワンマンライブのカメラマンを、MySpaceユーザーから募集している。

通常のステージ上ではなくフロア中央で演奏するという風変わりなスタイルで行われる今回のワンマンライブ。選ばれたカメラマンは、ビデオカメラで撮影しながら一般客と一緒にライブを味わうという珍しい体験をすることができる。

撮影した映像はライブビデオとして後日公開を予定。募集期間は6月30日までとなっている。

なお、同ライブには『my way』のレコーディングにも参加した武嶋聡(EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX)、浜野謙太(SAKEROCK)も共演する。

cutman-booche
『my way』

2009年6月17日発売
価格:2,500円(税込)
P-VINE Records PCD-18571

1. ガンボsoup
2. See you letter... [AL Ver.]
3. ハイウェイの上
4. サイクル
5. Rainbow
6. 5/∞
7. Gotham
8. giant switch
9. combo!
10. 強く儚い者たち(Coccoカバー曲)
11. 約束
12. 少年時代
13. seloris

amazonで購入する

『cutman-booche boosoul 2009 フロアで危機一髪ワンマンライブ!』

大阪公演

2009年7月2日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪 心斎橋club QUATTRO
出演:cutman-booche
料金:前売2,500円

東京公演

2009年7月11日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京 代官山 UNIT
出演:cutman-booche
料金:前売2,500円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)