ニュース

登米裕一率いるキリンバズウカの最新公演『スメル』、東京に住む若者の理想と現実を描く

「キリンバズウカ」による1年3ヵ月ぶりの公演『スメル』が、7月4日(土)より、王子小劇場にて上演される。

キリンバズウカは脚本家の登米裕一が、そのときに旬な役者や書きたいテーマ、腕のあるスタッフを集め、年に1、2回のペースでプロデュース形式の公演を行う。前作『飛ぶ痛み』は、東京初公演で878名の動員を打ち出し、王子小劇場の初公演・旗上げ劇団最高記録を塗り替えた。

物語の核となるのは、ゴミ屋敷、永住禁止法、ゴミの有料化、夢を持ちながら、または持たずに、なんとなく東京に住む若者たち。地方出身者も東京出身者も、すべての人にとっての東京の理想と現実を描く。

キリンバズウカ
『スメル』

2009年7月4日(土)~12日(日)

会場:王子小劇場

脚本・演出:登米裕一

キャスト:
黒岩三佳(あひるなんちゃら)
永山智啓(elePHANTMoon)
折原アキラ 浦井大輔(コマツ企画)
深谷由梨香(柿喰う客)
永島敬三
河西裕介 (国分寺大人倶楽部)
遠藤友香理(カムヰヤッセン)
花戸祐介
細野今日子(劇団競泳水着)
稲川実代子

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと