ニュース

安部典子、永山祐子、古武家賢太郎、齋木克裕、ジャンルの異なる4名の作品展

アーティスト4名による作品展『A House is not A Home』が、6月26日(金)より、東京・谷中のSCAI THE BATHHOUSEにて開催される。

本展で作品を展示するのは、安部典子、永山祐子、古武家賢太郎、齋木克裕。特定の「場所」における記憶、身体、魂の「ランドスケープ」、「空間」への投影と照応をテーマにした展覧会だ。

安部典子は、紙を一枚一枚慎重にカッターで切り抜き、重ね、単純ながら強い集中力を必要とする作業を経て作品を製作するアーティスト。氷河の流れや山脈を空から俯瞰したかのような造形的な美しさはもちろんのこと、精神的な緊張感を内包する孤高の存在感を感じさせる。

古武家賢太郎はロンドンで制作活動を続け、イマジネーション溢れる自由闊達なドローイングでその名を知られており、ジュンヤ・ワタナベ・コム・デ・ギャルソンとのコラボレーションや、高木正勝のアルバム『rehome』のアートワークなど手がけている。見るものを魅了する色鉛筆で描かれる豊かでユニークな世界観の広がりが特徴的だ。

建築家・永山祐子は、その考え方を具現化する実験装置としてアートピースを制作。今回展示される小立体作品「宝物標本箱―specimen of treasure」は、標本箱におさめたごく小さな9つの彫刻作品だ。

齋木克裕は自身のカメラのファインダーにとらえた風景を切り取り、それを平面、立体上に再構成することで、見たことのない光景を作り上げる。今回の展覧会では、コラージュ展開した写真作品、および写真を使用した小立体の彫刻を展示する。

個性溢れる4名のアーティストが展示する貴重な作品群。それぞれに持つ世界観や現実の捉え方を、本展を通じて感じてみたい。

『A House is not A Home』

2009年6月26日(金)~7月25日(土)
会場:SCAI THE BATHHOUSE
時間:12:00~19:00

出品作家:
安部典子
永山祐子
古武家賢太郎
齋木克裕

休廊日:日・月・祝日

(画像:Kentaro Kobuke Untitled 2009 Color pencil on wood 140 x 220 cm)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと