ニュース

多田淳之介作『3人いる!』を飴屋法水が演出、全日程をそれぞれ別バージョンで上演

飴屋法水の構成・演出による公演『3人いる!』が、7月31日(金)からリトルモア地下にて行われる。

本作は、多田淳之介による原作で2007年に劇団・東京デスロックが同所で行った公演を、飴屋による構成・演出で再演するもの。飴屋は舞台だけでなく、美術界や音楽界でも幅広く表現活動を行うアーティストだ。

今回は公演中の全12日間をすべて違った見せ方で提示するという。名目上は演劇公演でありつつも、見方を変えれば別の捉え方もできるような振れ幅の広さが、鑑賞者の感性に揺さぶりをかける。

あくまでも即興ライブではなく、1日に1バージョンの発表となる。毎日新しい洋服に着替えるような、表情豊かで斬新な演出が見逃せないだろう。

『3人いる!』

2009年7月13日~8月12日(水)
会場:リトルモア地下

作:多田淳之介
構成・演出:飴屋法水

定員:40名
休廊日:8月6日
料金:予約制2,800円整理番号付全席自由
3回券 6,000円(限定33セット、7月20日まで受付、本人のみ有効)
※当日券は残席状況により毎回若干数お出しします(3,000円)
チケット受付:2009年6月30日(火)開始

協力:鈴木敏夫(東京書籍印刷)、東京デスロック、にしすがも創造舎
宣伝美術:宮川隆
企画制作 リトルモア地下
問い合わせ:リトルモア地下 03-3401-1042(平日10:00~18:00)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと