ニュース

『デジャヴ』のトニー・スコットによる、ド迫力ハイジャック映画、トラボルタが頭脳派犯人を熱演

『デジャヴ』のトニー・スコット監督待望の最新作『サブウェイ123 激突』が、9月4日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国で公開される。

ニューヨークの地下に縦横に張り巡らされ、毎日500万人が利用する地下鉄=サブウェイ。まさに街の象徴ともいえる複雑な巨大交通システムの盲点を突く地下鉄ハイジャック事件が発生する。犯人グループのリーダーは、一人の平凡な地下鉄職員を交渉役に指名し、59分以内に身代金1000万ドルを用意するよう市長に伝えさせる。

キレやすい冷酷非情なハイジャック犯を演じたのは、強烈な存在感を武器に、第一線で活躍しつづけるジョン・トラボルタ。地下鉄職員には『デジャヴ』に引き続き名優デンゼル・ワシントンを迎え、無線を通じた言葉のみの徹底的な頭脳戦を、迫力の演技で見せる。本作はニューヨークの地下鉄で4週間にわたる撮影を敢行。撮影を許されたことのない場所にも分け入り、危険と隣り合わせの中で緊迫感あふれるシーンの数々を生み出した。

大袈裟とも言える迫力ある表現力と、細かいカットをテンポよくつないだスピード感あふれる映像をブレンドさせ、現代のアメリカ映画を担う存在となったトニー・スコット。今度は閉鎖的な状況における息詰まる心理戦を描き、新境地を拓く。よくあるハリウッドのアクションものとは一線を画した、最前線を突っ走る名匠ならではの野心作を、劇場で体感してみてほしい。

『サブウェイ123 激突』

2009年9月4日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国でロードショー

監督:トニー・スコット

出演:
デンゼル・ワシントン
ジョン・トラボルタ
ジョン・タトゥーロ
ルイス・ガスマン

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら