ニュース

大林芳紀の初個展『Yoshiki Obayashi』、遅咲きの大物新人の描くオルタナティブな世界とは

大林芳紀による初個展『Yoshiki Obayashi』が、7月25日(土)まで、中目黒のギャラリー「青山|目黒」にて開催されている。

1968年生まれの大林は、2000年に多摩美術大学絵画科版画専攻を卒業。美大入学以前より、デトロイトのハードコアパンクバンドと交流し、ジャケットデザインやミニコミ装丁を手掛けていた。また、女子大でのグループ展では全てのトイレの便器に「ミソを付けた」作品を出品するなど話題を集める一方、平面作品では、肉眼では確認できないほどの密度と正確さと美しさで混沌とノイズを描く。

同展では、古典の群像画を彷彿とさせる躍動的な構成で描いた作品“ROCK HATE vs HATE ROCK”など、約20点の平面を展示。病に苦悩し嘔吐、絶叫する者。阿修羅の如く憤怒する者。得体の知れぬ何かに驚愕する者など、ロックを毛嫌いするヤンキー達と、激しい憎悪を謳うハードコアパンクス達との無益で壮絶な闘争が描かれている。

さらに開催初日より大林の作品集第一頁も出版予定だ。遅れてきた大物新人、大林の妖しくもオルタナティブな世界観がここに表現される。

大林芳紀
『Yoshiki Obayashi』

2009年7月4日(土)~7月25日(土)
会場:青山|目黒(中目黒)
時間:11:00~20:00
料金:無料
休廊:日曜、祝日

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら