ニュース

渋谷慶一郎新作、全篇ピアノソロで綴る初のアコースティックアルバム『ATAK015 for maria』

渋谷慶一郎が、9月11日(水)にニューアルバム『ATAK015 for maria』をリリースする。

渋谷は、音楽家としての活動ほか、レーベル「ATAK」の主宰、サウンドインスタレーションの発表などで、常に電子音楽の最先端を開拓してきた存在。また、ピアニスト・高橋悠治とデュオ作品をリリースしたほか、先日の相対性理論の自主企画「解析 I」にも招かれるなど、様々な層から支持されている。

約2年7ヶ月振りのフルアルバムとなる今作は、三次元立体音響CDとして話題を呼ぶなどしたこれまでの作品と違い、自身が作曲・演奏したピアノソロによる完全なアコースティックアルバム。アルバムタイトルにもなっている「for maria」は、渋谷の亡き妻であるmariaに捧げるという意味を持っているという。

「シンプルな構成だが<楽曲>としての高い精度とともに、音響的な精度を同時に実現する」という部分に徹底的にこだわった結果、まったく新しい印象のピアノアルバムに仕上がった今作は、渋谷自身、「こんなに音がいいピアノのCDを僕は知らない。今聴きたい音が全部入っている」と語っている自信作だ。

Keiichiro Shibuya
『ATAK015 for maria』

2009年9月11日発売
価格:2,500円(税込)
ATAK ATAK015

1. for maria
2. BLUE
3. sky riders
4. Blue fish
5. angel passed
6. painful
7. open your eyes
8. Ida
9. when attitudes become form
10. one plus two
11. untitled
12. wht
13. erosion
14. our music

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』