ニュース

舞踊家・ボヴェ太郎の新作『Texture Regained −記憶の肌理−』が東京初上演

コンテンポラリーダンスの気鋭舞踊家・ボヴェ太郎によるパフォーマンス公演『Texture Regained −記憶の肌理−』が、9月14日、15日にめぐろパーシモンホールにて上演される。

同公演は2008年に兵庫のアイホールでの上演で話題を呼び、今回は東京での再演となる。ボヴェ太郎は、「場」に起こる出来事すべてを空間と捉え、即興による自由度の高い振付と作り込まれた舞台空間による作品を製作してきた舞踊家。舞台作品のほか、『カンディンスキー展』(京都国立近代美術館)や『ダニ・カラヴァン展』(世田谷美術館)に おける公演、ルイ・ヴィトンとの共同制作による映像ダンス作品などでも知られている。

彼の独自の創作技術であるダンスと朗読によって、音や香りから不意に過去の記憶が呼び覚まされる心理現象を巧みに描き出すというプルーストの「無意志的想起」を紡ぎ出す。言葉と身体で表現するシンプルな舞台空間が、更なるダンスの可能性を導く意欲作に仕上がっている。

Taro BOVE Dance Work
『Texture Regained −記憶の肌理−』

2009年9月14日(月)~9月15日(火)
会場:めぐろパーシモンホール 小ホール
時間:19:30~

構成・振付・出演:ボヴェ太郎
出演:渋谷はるか(文学座)
テキスト出典:『失われた時を求めて』(ちくま文庫)より引用(マルセル・プルースト著 井上究一郎翻訳)
料金:一般2,800円 学生2,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで