ニュース

雑誌『広告批評』軌跡を紹介、『広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり』

今年4月発行の30周年記念号をもって休刊を迎えた雑誌『広告批評』の軌跡を紹介する展覧会『広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり』が、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されている。

『広告批評』のアートディレクションは、数年ごとに大きく変わることで知られており、これまでに佐藤可士和、中村至男、服部一成、玉野哲也、秋山具義、グルーヴィジョンズ、森本千絵などが手がけている。同展では、広告批評』を彩った100名近くの「人」に焦点を当て、広告の全盛期を駆け抜けた同誌の意義を問い直しながら、これからの「広告批評」のあり方について考え直す場となっている。

12月22日には、伊藤直樹、高松聡、河尻亨一によるギャラリートークも開催。なお、展示のアートディレクションはグルーヴィジョンズが手がけている。

第282回企画展
『広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり』

2009年12月3日(木)~12月24日(木)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
時間:11:00~19:00(土曜日は18:0まで)
休館日:日曜、祝祭日
料金:入場無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化