ニュース

雑誌『広告批評』軌跡を紹介、『広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり』

今年4月発行の30周年記念号をもって休刊を迎えた雑誌『広告批評』の軌跡を紹介する展覧会『広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり』が、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されている。

『広告批評』のアートディレクションは、数年ごとに大きく変わることで知られており、これまでに佐藤可士和、中村至男、服部一成、玉野哲也、秋山具義、グルーヴィジョンズ、森本千絵などが手がけている。同展では、広告批評』を彩った100名近くの「人」に焦点を当て、広告の全盛期を駆け抜けた同誌の意義を問い直しながら、これからの「広告批評」のあり方について考え直す場となっている。

12月22日には、伊藤直樹、高松聡、河尻亨一によるギャラリートークも開催。なお、展示のアートディレクションはグルーヴィジョンズが手がけている。

第282回企画展
『広告批評展 ひとつの時代の終わりと始まり』

2009年12月3日(木)~12月24日(木)
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京・銀座)
時間:11:00~19:00(土曜日は18:0まで)
休館日:日曜、祝祭日
料金:入場無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密