ニュース

サンガツ、5年ぶり新作は新編成のニューアルバム『5つのコンポジション』

サンガツの通算4枚目となるアルバム『5つのコンポジション』が、3月17日にリリースされる。

前作『静かな生活』リリース後、ベースとドラムが脱退し、小泉篤宏、小島創太郎、梶道人のオリジナルメンバー3人体制となったサンガツ。近年は、岡田利規率いる演劇カンパニー「チェルフィッチュ」やダンサーのホナガヨウコと共演するなど、音楽以外のジャンルとのコラボレーションを行い活動の幅を広げていた。

オリジナルアルバムとしては約5年ぶりとなる本作は「音の動きや配置で、ある質感を伝える」というコンセプトのもと、サポートメンバー4名を迎え、4ドラム+1ベース+2ギターの編成で録音された。スティールパンなどの使用楽器も増加し、ミックスとマスタリングはROVOの益子樹が手掛けている。

これまでの流麗なメロディや反復されるリズムは影をひそめたが、これぞサンガツとでも言うべき美しき静寂は健在。日本のポストロック黎明期から第一線で活躍してきたバンドが完成させたのは、昨今のひとつのジャンル化してしまった「ポストロック」とは全くベクトルの異なる1枚だ。オフィシャルサイトには、7人が円陣を組んでレコーディングを行う写真がアップされているのでそちらもチェックしてみよう。

サンガツ
『5つのコンポジション』

2010年3月17日発売
価格:2,500円(税込)
HEADZ-139

1. BLACK ON BLACK
2. LIQUID IV
3. NO MUSIC NO
4. THIS WORLD
5. COMPOSITION V

amazonで購入する

サンガツ
サンガツ
サンガツ『5つのコンポジション』
サンガツ『5つのコンポジション』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開