ニュース

『死刑台のエレベーター』がリメイク、主題歌はJazztronik×YUKI

1957年に発表されたルイ・マルの監督の同名フランス映画をリメイクした『死刑台のエレベーター』が、10月9日から全国で公開される。

ルイ・マルによる『死刑台のエレベーター』は、哀感漂うモノクロームの映像とマイルス・デイビスによる伝説の即興演奏、ジャンヌ・モローとモーリス・ロネが演じる危険な愛の関係などさまざまな観点から、ルイ・マルの最高傑作として知られる作品。

世界で初めての挑戦となるリメイク版では、吉瀬美智子と阿部寛が禁断の愛に運命を狂わされていく男女を演じる。また、共演には玉山鉄二、北川景子、平泉成、りょう、柄本明も名を連ねている。さらに、YUKIを「フィーチャリング・ボーカル」に迎えたJazztronikの新曲 “ベッドタイムストーリー”が主題歌になることがわかった。

オフィシャルサイトでは特報映像を公開中なので、まずはこちらからチェックしてみよう。

『死刑台のエレベーター』

2010年秋、角川シネマ新宿ほか全国にて公開
監督:緒方明
主題歌:Jazztronik“ベッドタイムストーリー”
キャスト:
吉瀬美智子
阿部寛
玉山鉄二
北川景子
平泉成
りょう
柄本明

配給:角川映画

(画像下:Jazztronik)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」