ニュース

長塚圭史帰国後初の翻訳劇演出作品『ハーパー・リーガン』、主演は小林聡美

渋谷のパルコ劇場と、演出・長塚圭史がタッグを組んだ翻訳劇4作品目となる『ハーパー・リーガン』が、9月4日から上演される。

主人公のハーパー・リーガンは、妻であり、母であり、会社員であり、娘であり、ひとりの人間でもある、いたって普通の女性。彼女は、あることをきっかけに心の「何か」にスイッチが入り、夫も娘も置いたまま、誰にも行き先を告げず、それまでに築いた全てを賭けて自分と向き合う旅に出る。道に迷いながら進んだ2日2晩で、彼女は様々な人と出会い、家族、愛、人生の迷い、さらには女としての自分を見つめ直す。そして、最後には「旅」の終着駅である「母」と出会う。

1年間のロンドン留学を終えた長塚が、帰国後初の翻訳作品として演出するのは、イギリス人作家サイモン・スティーヴンスの戯曲。長塚が描く『ハーパー・リーガン』の世界は、この戯曲に描かれる「都市」という混沌の中で起こる歪みや闇、そして人々の普遍の物語を提示する。

主人公ハーパー・リーガン役を久々の舞台出演となる小林聡美が演じ、長塚との初顔合わせが実現。さらに、山崎一、木野花、大河内浩、福田転球ら、多くの演出家から絶対なる信頼を集める俳優に加え、舞台・映像分野で活躍著しい美波、オーディションで選ばれた間宮祥太朗ら個性的な俳優陣がハーパーの人生に関わる人々を演じる。

なお、水戸と大阪でも公演予定なのでこちらもぜひチェックしてほしい。

『ハーパー・リーガン』

2010年9月4日(土)~2010年9月26日(日)
会場:パルコ劇場(渋谷パルコ パート1・9F)
作:サイモン・スティーヴンス
演出:長塚圭史

出演:
小林聡美
山崎一
美波
大河内浩
福田転球
間宮祥太朗
木野花

料金:一般7,500円(全席指定) U-25チケット5,000円(25歳以下対象、枚数限定、当日指定席券引換、要身分証明書、チケットぴあのみ取り扱い)
※未就学児の入場不可
チケット一般発売日:2010年7月31日

水戸公演

2010年9月29日(水)
会場:水戸芸術館ACM 劇場
料金:S席6,500円 A席6,000円 B席4,500円(全席指定・税込)
※お1人様2枚までとさせていただきます
※未就学児の入場不可
チケット一般発売日:2010年8月28日

大阪公演

2010年10月2日(土)、10月3日(日)
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

料金:S席7,500円 A席5,500円(全席指定)
※未就学児の入場不可
チケット一般発売日:2010年8月1日

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー