ニュース

SF名作小説がモチーフの野外劇『2001年-2010年宇宙の旅』、音楽は大谷能生

SF名作小説をモチーフとした東京デスロックによる公演『2001年-2010年宇宙の旅』が、埼玉・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ水の広場特設野外ステージで8月4日から上演される。

東京デスロックは、2001年に多田淳之介を中心に活動を開始した劇団。青年団内ユニットから独立し、2008年からは埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみを拠点にするキラリンク☆カンパニーとして活動の場を広げている。

これまでの作品では、役や物語、言語などの既成概念を検証する「演劇を見直す演劇」や、演劇の最大の魅力を「目の前に俳優がいること」と位置付けながら演劇の可能性を追求する「unlock シリーズ」など大胆な解釈に挑んでいる。なお、近年は『マクベス』『リア王』『ロミオとジュリエット』などシェイクスピア作品のほか、近代作家三好十郎の『その人を知らず』など、多くの古典戯曲を手がけている。

『2001年-2010年宇宙の旅』は、アーサー・C・クラークの名作小説『2001年宇宙の旅』『2010年宇宙の旅』をモチーフとしたもの。国内最年少の芸術監督である多田が構成と演出を務め、SFの定番である「われわれは何のために存在しているのか」というテーマのもとに、日替わりゲストを迎え、野外舞台でのライブが行われる。

「今回の公演にテーマがあるとしたら、人間の存在、ということになるでしょう。野外空間と、地球と、宇宙と、関係を見つけ、われわれの存在を感じられるような公演にしたいと思っています。」と語る多田による夏の野外劇に、ぜひ足を運んでみてほしい。

東京デスロック CONTEMPORARY SERIES#2
『2001年-2010年宇宙の旅』

2010年8月4日(水)~8月8日(日)
会場:富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ 水の広場特設野外ステージ(埼玉・富士見)
時間:各日とも19:30~
※受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前です
※終演後、鶴瀬駅行き臨時バスがあります
原案:アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅』『2010年宇宙の旅』
構成・演出:多田淳之介
音楽:大谷能生

出演:
夏目慎也
佐山和泉
佐藤誠
間野律子
多田淳之介
日替りゲスト

日替りゲスト:
8月4日(水)坂口芳貞(文学座)
8月5日(木)ひらたよーこ(青年団/あなんじゅぱす)+矢野誠
8月6日(金)山縣太一(チェルフィッチュ/ライン京急)
8月7日(土)きたまり(KIKIKIKIKIKI)
8月8日(日)シークレットゲスト

料金:前売・予約3,000円 当日3,500円 学生・シニア(65歳以上)は前売・予約/当日共に2,500円
チケット一般発売日:2010年7月3日

(画像:CONTEMPORARY SERIES#1『ROMEO&JULIET−JAPAN ver.』2009年10月 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ公演の様子)

CONTEMPORARY SERIES#1『ROMEO&JULIET−JAPAN ver.』2009年10月 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ公演の様子
CONTEMPORARY SERIES#1『ROMEO&JULIET−JAPAN ver.』2009年10月 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ公演の様子
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も