ニュース

快快とタイのトップランナーB-Floorがおくる最先端のアジアン・フィジカル・シアター

東京芸術劇場がおくるタイ演劇とのコラボレーション企画第2弾として、B-Floorと快快の共同制作作品『Spicy, Sour, and Sweet』が、8月13日から15日まで上演される。

タイ演劇界のトップランナーであるB-Floorと、6月に上演された2年ぶりの新作『SHIBAHAMA』も好評の快快は、どちらも「フィジカル・シアター」と呼ばれる身体表現を重視した作品を上演する劇団だ。セリフにとらわれず、社会や政治、人類といったテーマを、実験的・即興的に身体表現し、そこに音楽、美術、ダンス、映像といった様々なメディアを融合させながら作品を作り上げていく点が、特徴であり共通点といえるだろう。

本公演は、東京芸術劇場の芸術監督である野田秀樹が、タイを訪れた際にB-Floorの作品を観劇したことをきっかけに実現。ワークショップなどを通して、互いの国に対して持つイメージから探り出した共通キーワードを元に制作した共同作品と、日本初演となるB-Floorの新作が上演される。タイ人特有の身体の柔軟性や表現方法を持ったB-Floor、「Trash&Freshな日本の表現者」と呼ばれる快快の新しい視点、更には文化や国民性といったそれぞれのバックグラウンドが融合した、挑戦的な公演となるだろう。

『Spicy, Sour, and Sweet』

2010年8月13日(金)~8月15日(日)
会場:東京芸術劇場小ホール1

B-Floor新作
『Flu O Less Sense』

作・演出:ティラワット・ムンウィライ
出演:
ジャールナン・パンタチャート
ドゥダオ・ワッタナパゴン
ワランユー・イントラカムへン
オーンアノーン・タイスリウォン
ナーナー・デーキン
ササピン・シリワニット
サルット・コーマリッティポン

快快×B-Floor共同制作
『どこでもdoor』

作:北川陽子(快快)
演出:篠田千明(快快)
共同演出:ドゥダオ・ワッタナパゴン
出演:
天野史朗
大道寺梨乃
千田英史(Rotten Romance)
中林舞
山崎皓司
ティラワット・ムンウィライ
ジャールナン・パンタチャート
ドゥダオ・ワッタナパゴン
ワランユー・イントラカムへン
ナーナー・デーキン
ササピン・シリワニット
サルット・コーマリッティポン

料金:前売3,500円 当日3,800円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年