ニュース

ジブリ最新作の世界をセットで再現『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』

スタジオジブリ最新作『借りぐらしのアリエッティ』の世界をセットで再現した企画展『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』が、7月17日から10月3日まで東京都現代美術館で開催される。

メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』をもとに、お屋敷の床下に暮らす小人一家の生活を描いた『借りぐらしのアリエッティ』。本展では、宮崎駿監督が企画を練った同作の世界を現実のセットで再現する。身長わずか10cmの小人たちが日々を過ごす、アリエッティの部屋、家族がくつろぐ居間と台所、父ポッドの作業部屋、そしてそれらを結ぶ迷路のような通路。さらには、背丈を越える植物や人間の家から「借りてきた」様々な道具類など、小人たちの工夫と豊かな発想をリアルに体感することができる。

会場美術を手掛けたのは、映画美術監督の種田陽平。『キル・ビルVol.1』『ザ・マジックアワー』など多数の話題作で独自の世界を創り続け、国内外の監督から圧倒的な信頼を得る日本を代表する美術監督の1人だ。現実を追求しながらも巧みに虚構を融合させる種田のバランス感覚で、アニメーションにも実写映画にもない空間を作り出している。


『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』

2010年7月17日(土)~10月3日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室1F・3F
時間:11:00~18:00
料金:当日券 大人・大学生1,200円 中高生900円 小学生600円
※小学生以下無料

(画像上から:『借りぐらしのアリエッティ』背景画、種田陽平、展示イメージ イラスト:種田陽平、展示イメージ イラスト:種田陽平)

『借りぐらしのアリエッティ』背景画、種田陽平、展示イメージ イラスト:種田陽平、展示イメージ イラスト:種田陽平、『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』イメージ平面図(部分)
『借りぐらしのアリエッティ』背景画、種田陽平、展示イメージ イラスト:種田陽平、展示イメージ イラスト:種田陽平、『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』イメージ平面図(部分)
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る