ニュース

80年代のNYアートシーンを疾走したバスキアの初ドキュメンタリー映画が公開決定

80年代のNYアートシーンを疾走した画家ジャン=ミシェル・バスキアのドキュメンタリー映画『バスキアのすべて』が、12月18日から東京・渋谷のシネマライズで公開される。

犯罪が多発する1970年代のニューヨークで、地下鉄や建物へのスプレーペインティングからそのキャリアをスタートさせたバスキア。やがてキース・へリングやアンディ・ウォーホルらに認められるなど、瞬く間にスターの座にのぼりつめた。しかし、同時にドラッグの多量摂取による奇行や妄想壁が目立つようになり、1988年8月に薬物の大量摂取が原因で死去してしまう。

監督は、バスキアの友人でありテレビシリーズ『アグリー・ベティ』など監督を手がけているタムラ・デイビス。バスキア本人の貴重な未公開インタビュー映像を軸に、ヒップホップ界の先駆者であるファブ・5・フレディ、映画『バスキア』の監督を務めたジュリアン・シュナーベル、バスキアの元恋人の精神科医スーザン・マロック、バスキアの最初のディーラーとなったアニナ・ノセイなど、彼を支えた友人たちの言葉で彼の素顔と真実に迫る内容となっている。

『バスキアのすべて』

2010年12月18日(土)よりシネマライズにて生誕50周年記念ロードショー
監督・製作:タムラ・デイビス
出演:
ジャン=ミシェル・バスキア
ファブ・5・フレディ
ジュリアン・シュナーベル、
マリ・ポール
アニナ・ノセイ
スーザン・マロック
ニコラス・タイラー
ブルーノ・ビショップベルガー
グレン・オブライアン
ディエゴ・コルテス
ラリー・ガゴシアン
ほか
配給:CJ Entertainment Japan

(画像:lee.jaffe)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開