ニュース

タカ・イシイギャラリーが六本木に新ギャラリーを開廊、オープニングは荒木経惟展

東京・清澄白河と京都にスペースを持つタカ・イシイギャラリーが、東京・六本木に新たなスペース「タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム」を開廊。オープニング展として、2月18日から荒木経惟個展『愛の劇場』を開催する。

同展では、荒木自身が「電通時代はアタシの修業時代」と語る、電通勤務時代の1965年前後に撮影した未発表キャビネ判作品約100点を展示。1972年に同社を退社するまでの9年にわたり、会社の枠組みにとらわれることなく挑んだ様々な実験的撮影活動が作品から垣間見られる。また、荒木が今日に至るまで写真に対して貫いてきた「被写体との(極めて濃密な)関係性」という信念が、この時代から確立されていたことも作品から感じとることが出来るだろう。

なお、作品集『愛の劇場』も1,000部限定で2月18日に刊行される。同書にはモノクローム作品119点が収められる予定だ。


タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム オープニング展
荒木経惟『愛の劇場』

2011年2月18日(金)~3月26日(土)
会場:東京都 六本木 タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
時間:12:00~19:00
休館日:日、月曜、祝祭日
料金:無料

荒木経惟作品集
『愛の劇場』

2011年2月18日発売予定
著者:荒木経惟
価格:未定
発行:タカ・イシイギャラリー

(画像上から:「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 16.4 x 12.1 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery、「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery、「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery)

「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 16.4 x 12.1 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 16.4 x 12.1 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
「愛の劇場」1965年頃 B & W プリント print size: 12.1 x 16.4 cm Courtesy of Taka Ishii Gallery
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと