ニュース

『TRASH-UP!!』最新号はクロード・シャブロル、オオルタイチなど濃厚記事満載

様々な「トラッシュ」カルチャーを追求していく雑誌『TRASH-UP!!』の最新号が、2月26日に発売された。

8号目となる今回は、巻頭でシャンソン歌手、作家、そして今年春に復活するバー「青い部屋」のオーナーとしても活躍する戸川昌子を特集しているほか、昨年9月に急逝した映画監督クロード・シャブロル特集や、石原慎太郎原作の映画『復讐の歌が聞こえる』の考察、オオルタイチ、住所不定無職、撃鉄へのインタビュー、澤部渡(スカート)と金剛地武志(yes,mama ok?)による対談、石井モタコ(オシリペンペンズ)、DODDODOらによる漫画などを掲載。コラム陣には、アクセル長尾(赤い疑惑)や見汐麻衣(埋火)が名を連ねている。

また、付属のMIX DVDにはミックスナッツハウス、DANIEL KWON、フレネシ、笹口騒音ハーモニカ、スカート、チッツのPVなどを収録している。

『TRASH-UP!! vol.8』は、タワーレコード、リブロ、ジュンク堂一部店舗をはじめ、タコシェ、バサラブックス、ガケ書房、恵文社一乗寺店などで購入が可能。詳しい取扱店舗については、同誌のオフィシャルサイトをチェックしてほしい。

※記事掲載時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

『TRASH-UP!! vol.8』

2011年2月26日発売
価格:1,575円(税込)
TU-008

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に