ニュース

パパ・タラフマラが解散を発表、本日夕方から解散記念フェスの詳細を生中継

今年で設立30周年を迎える舞台芸術カンパニーのパパ・タラフマラが解散を発表。また、実行委員会を組織し、解散を記念するフェスティバルを開催することがわかった。

パパ・タラフマラは、代表の小池博史を中心として1982年に設立され、現在までに54作品を制作。ダンス、演劇、美術、音楽などの様々なジャンルを横断し、舞台空間全体をひとつのアートに築き上げる手法は、国内外で高い評価を得てきた。

小池は、30周年記念作品を企画している最中に東日本大震災に遭遇したことや、多くのイベントが中止し経済的な困難に直面していること、また日本の文化全体が閉塞しつつある状況へ異を唱える意味も込めて、大きな変化が必要であるといった意見を表明。所属メンバーの負担を減らし、次のステップへ進むためにもカンパニーを発展的に解散させることを決意したという。

解散を記念して開催されるフェスティバル『パパ・タラフマラ・ファイナルフェスティバル』は、同カンパニーが制作してきた作品の中でも『SHIP IN A VIEW』や『三人姉妹』など代表的な4作品上演し、これまでの活動を振り返るというもの。また、音楽ライブや美術の展示、トークイベント、シンポジウム、書籍出版、DVDのリリースなどを行うことも計画されているという。

同フェスティバルの実行委員は、実行委員長を同カンパニー代表の小池が務め、名誉会長をセゾン文化財団理事長の堤清二が務める。発起人として、詩人の谷川俊太郎、グラフィックデザイナーの葛西薫、作曲家でピアニストの中川俊郎、現代美術作家のヤノベケンジ、俳優の大杉漣、ミュージシャンの山下洋輔、写真家・写真評論家の港千尋など多彩な顔ぶれがそろっている。

なお、本日18:00から同カンパニーのオフィシャルUstreamチャンネルで、解散とフェスティバルに関するプロジェクトを発表する記者会見が中継される。フェスのさらなる詳細は同中継で発表される予定だ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで