ニュース

俳優・伊勢谷友介の監督映画『セイジ−陸の魚−』が2012年2月に公開決定

俳優だけでなく映画監督としても活動する伊勢谷友介の新作映画『セイジ−陸の魚−』が、2012年2月18日からテアトル新宿ほかで全国公開される。

2003年に公開された伊勢谷監督の第1弾映画『カクト』以来、約8年ぶりの新作となる同作は、原作となる作家・辻内智貴の小説『セイジ』に感銘を受けた伊勢谷が、俳優業の傍らで5年の歳月をかけて映画化した作品。まだバブルの熱気が残っていた時代を背景に、学生最後の夏休みを迎えた主人公が1人旅の末に出会った純粋な男・セイジとの交流をきっかけに、そこで起きる事件や苦い現実、人が人を癒すことの難しさを描く。

W主演となる同作で主演のセイジを演じるのは、日本映画界を牽引し続ける西島秀俊、物語の視点となる主人公を森山未來が演じる。ヒロインには裕木奈江、強烈な印象を残す盲目の老人役に津川雅彦を迎えるほか、新井浩文、渋川清彦、滝藤賢一ら一癖ある顔ぶれが揃う。また、サウンドトラックは渋谷慶一郎が手掛け、スクリーンに映し出される鮮やかな自然美と繊細に描かれた人間ドラマにさらなる深みを与えている。

伊勢谷は原作について「主人公である『セイジ』と言う人物の行動に今現在の自分自身のテーマを大きく重ね合わせる事が出来たので、そのことが大きな原動力になりました」とコメントしている。

『セイジ−陸の魚−』

2012年2月18日(土)テアトル新宿他にてロードショー
監督・共同脚本:伊勢谷友介
脚本:龜石太夏匡、石田モトキ
原作:辻内智貴『セイジ』(筑摩書房刊)
音楽:渋谷慶一郎
出演:
西島秀俊
森山未來
裕木奈江
新井浩文
渋川清彦
滝藤賢一
二階堂智
津川雅彦
配給:ギャガ+キノフィルムズ

(画像:©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd)

©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd
©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd
©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd
©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd
©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd
©2011 Kino Films/Kinoshita Management Co.,Ltd
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像