ニュース

鍵盤と歌声による瑞々しく奥深い世界、日本人女性SSW「aoki laska」初音源リリース

女性シンガーソングライターaoki laskaのミニアルバム『about me』が、12月7日にリリースされる。

父親の赴任先であるアメリカ・ニューヨークで作曲を開始したaoki laskaは、日本へ帰国後に自主制作盤を発表。都内を中心にピアノの弾き語りライブを行っている。今年開催された「& records」主催のチャリティイベントでは、入井昇(ex.nhhmbase)をドラムに迎えたデュオで出演した。

今回リリースされる全6曲収録のミニアルバムは、平松泰二(folk squat)がプロデュース、録音、ミックス、マスタリングを手掛けたほか、古い友人である長倉亮介(YOMOYA)と日下部裕一(4 bonjour's parties)も制作に協力。aoki自身によるピアノやオルガンの演奏、憂いを帯びた歌声をベースに、最低限の意匠だけを施したシンプルなサウンドながら、個性的かつ味わい深い歌の世界を堪能できる作品に仕上がっている。また、aokiは& recordsで日本人初の女性ソロアーティストとなる。

なお、一般発売に先駆けて、11月9日から東京のタワーレコード新宿店でのみ先行発売される。

aoki laska
『about me』

2011年12月7日発売
※タワーレコード新宿店のみ11月9日に発売
価格:1,500円(税込)
YOUTH-139

1. ここにいて
2. you dumped me like a trash
3. うらおもて
4. 群れ
5. 夜のうた
6. I saw mommy kissing Santa Claus

amazonで購入する

aoki laska
aoki laska
aoki laska『about me』ジャケット
aoki laska『about me』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開