ニュース

ブリューゲル絵画の迷宮に侵入、作品に描かれた人々の生活と画家の姿を映しだす映画

ピーテル・ブリューゲルの絵画作品の世界に入り込む映画『ブリューゲルの動く絵』が、12月17日から東京の渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開される。

ブリューゲルは『子供の遊戯』『雪の中の狩人』『バベルの塔』などの作品で知られる、16世紀のフランドル絵画を代表する画家の1人。同作では、ブリューゲルが描いた絵画作品の中から『十字架を担うキリスト』に注目。『十字架を担うキリスト』は、十字架を背負いゴルゴダへ向かうキリストの受難が1564年のフランドルを舞台に描かれている作品だ。映画では特殊な映像技術を駆使し、絵画中に描かれた人々の生活、さらにそれを描くブリューゲルの姿を同時に映像化するという試みに挑んでいる。

物語は、ルトガー・ハウアーが演じる画家ブリューゲル、ブリューゲルの友人で最大のコレクターでもあるニクラース・ヨンゲリンク、そして磔にされるキリストの運命を嘆く聖母マリアの3人を語り部として展開。絵画に秘められた意味を解き明かしていく。

同作で用いられた映像技術は、ポーランド、チェコ、オーストリア、ニュージーランドで撮影したシーンや風景、映画『バスキア』で知られるレフ・マイェフスキ監督自身がキャンバスに描いた巨大な背景画、俳優たちをデジタル撮影した映像の3つを最新のCG技術によって合成するというもの。フランドルの人々の暮らしの音、風車の回る音や様々な自然音なども加わり、絵画の中に迷い込むような効果が実現されている。

また、共同脚本にはブリューゲル批評で著名な美術批評家マイケル・フランシス・ギブソンも名を連ねている。

『ブリューゲルの動く絵』

2011年12月17日より渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開
監督:レヒ・マイェフスキ
脚本:マイケル・フランシス・ギブソン、レヒ・マイェフスキ
出演:
ルトガー・ハウアー
シャーロット・ランプリング
マイケル・ヨーク
配給:ユーロスペース、ブロードメディア・スタジオ

(画像:©2010, Angelus Silesius, TVP S.A)

©2010, Angelus Silesius, TVP S.A
©2010, Angelus Silesius, TVP S.A
©2010, Angelus Silesius, TVP S.A
©2010, Angelus Silesius, TVP S.A
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年