ニュース

HEXSTATICら登場、3フロア展開パーティー『ELECTRONIC TRIBE HALLOWEEN PARTY』

ハロウィンを祝うパーティーイベント『ELECTRONIC TRIBE HALLOWEEN PARTY 2011』が、東京・代官山のUNIT、SALOON、UNICEで10月29日に開催される。

同イベントは、「ELECTRONIC TRIBE」プロデュースのもと開催。会場はUNITを中心に3フロアを展開し、ハロウィンならではの趣向を凝らした内容になるという。

出演者は、Ninja Tuneの中心メンバーであり、ビジュアル素材をコラージュ、マッシュアップする手法で革新的なフィールドを開拓し続けているユニット「HEXSTATIC」をはじめ、O.N.O a.k.a. MACHINE LIVE、80KIDZ、DJ OLIVE、KAORU INOUE、DE DE MOUSE、ALTZ、NUMB、IAN O'BRIEN、QUARTA330、CALMという顔ぶれ。VJはSO IN THE HOUSEが担当する。

また、ハロウィンにちなんで仮装割引も用意されている。チケットやタイムテーブルなどの詳細と合わせてイベントのオフィシャルサイトで確認して欲しい。


『ELECTRONIC TRIBE HALLOWEEN PARTY 2011』

2011年10月29日(土)OPEN / START 23:00
会場:東京都 代官山 UNIT、SALOON、UNICE

出演:
HEXSTATIC -Halloween Audio Visual Set
O.N.O a.k.a. MACHINE LIVE
80KIDZ
DJ OLIVE
KAORU INOUE
DE DE MOUSE
ALTZ
NUMB
IAN O'BRIEN
QUARTA330
CALM
VJ:SO IN THE HOUSE

料金:前売3,000円 ディスカウント3,000円(フライヤー持参) 当日3,500円
仮装割引フルコスチューム無料(ドリンク別) セミコスチューム2,000円

(画像上:HEXSTATIC、画像中:O.N.O a.k.a. MACHINE LIVE、画像下:80KIDZ)

HEXSTATIC
HEXSTATIC
O.N.O a.k.a. MACHINE LIVE
O.N.O a.k.a. MACHINE LIVE
80KIDZ
80KIDZ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像