ニュース

岩井俊二が震災後の未来を「友人たち」と語り合う『friends after 3.11』劇場公開

岩井俊二が様々な人々と東日本大震災後について語り合うドキュメンタリー作品『friends after 3.11 劇場版』が、3月10日から東京・渋谷のオーディトリウム渋谷で公開される。

同作は、宮城・仙台出身の岩井監督が震災後に再会した友人や、Twitterなどを通じて出会った人々と語り合い、日本の現在と未来を描き出した作品。出演者にはナビゲーターの松田美由紀をはじめ、京都大学原子炉実験所助教授で『原発のウソ』著者の小出裕章、環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也、脱原発を宣言して被災地での講演も行う山本太郎、ドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー 』を手掛けた鎌仲ひとみなどが名を連ねている。また、エンディングテーマにはRADWIMPSの野田洋次郎による楽曲“ブレス”が起用されている。

震災と作品について岩井は「日本の全てについて、改めて考え直すきっかけとなった。気がついたら、先輩たち、専門家たち、友人たち、本当にいろんな人たちと語り合っていた。新しい友達もふえていた。その『友人たち』が語る震災当時と、その後、そして今。そこから浮かび上がる日本の今と未来、問題と課題を描きたい」と語っている。

なお、劇場版は昨年10月テレビ放送された『friends after 3.11』とは異なった内容になっているとのこと。また、公開期間中はゲストを迎えてのトークイベントの開催も予定しているという。続報は同作のオフィシャルサイトで待とう。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします

『friends after 3.11 劇場版』

2012年3月10日(土)よりオーディオトリウム渋谷で公開
監督:岩井俊二
エンディングテーマ:野田洋次郎“ブレス”
出演:
松田美由紀(女優)
岩井俊二(映画監督)
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教授)
上杉隆(ジャーナリスト)
後藤政志(元東芝・原子炉格納容器設計者)
吉原毅(城南信用金庫 理事長)
田中優(環境活動家)
飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
清水康之(自殺対策支援センターライフリンク代表)
鎌仲ひとみ(映像作家)
小林武史(音楽プロデューサー)
山本太郎(俳優)
岩上安身(ジャーナリスト)
武田邦彦(工学者)
北川悦吏子(脚本家)
藤波心(脱原発アイドル)
タン・チュイムイ(映画監督)
配給:ロックウェルアイズ

(画像:©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会)

『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
『friends after 3.11 劇場版』 ©『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像