ニュース

原美術館で仏の美術作家の個展、硫黄や蜜蝋、ガラス玉を駆使した官能的に輝く作品世界

フランスの現代美術作家ジャン=ミシェル・オトニエルの個展『マイ ウェイ』が、3月11日まで東京・品川の原美術館で開催されている。

ジャン=ミシェル・オトニエルは、硫黄や蜜蝋、イタリア・ムラーノ島で作られた色鮮やかなガラス玉を用いた立体作品を制作するアーティスト。装飾性と官能性を備えた作風で本国フランスを中心に高い評価を得ており、ルーヴル美術館の最寄り駅として知られるパレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅のエントランスに大型作品『夢遊病者のキオスク』が設置されているほか、昨年開催されたパリのポンピドゥ・センターでの個展は3ヶ月の会期中に約20万人が来場した。

オトニエルの日本初個展となる同展は、ジュエリーのように輝く立体作品『ラカンの結び目』、黒ガラスを用いた『黒は美しい』など約60点を展示。かつて邸宅だった原美術館の空間にあわせた構成となっている。生と死、美と官能などを約25年にわたって表現し続けてきたオトニエルの世界をじっくり味わえる絶好の機会になりそうだ。

なお、会期中はフランスの子供服ブランド「ボンポワン」との共催で、ぬり絵、およびARと3Dの技術を用いて作品の制作過程を遊びを通して体験できるワークショップ『ふしぎな現実』も実施される。


『ジャン=ミシェル オトニエル:マイウェイ』

2012年1月7日(土)~3月11日(日)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00 水曜は20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,000円 大高生700円 小中生500円 学期中の土曜日は小中高生の入館無料

ワークショップ
『ふしぎな現実』
2012年1月7日(土)~3月11日(日)
会場:東京都 品川 原美術館 ザ・ホール
時間:11:00~17:00 水曜は20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
料金:無料(入場料別途必要)

(画像上から:「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris)

「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督Q&A

『キングス・オブ・サマー』『キングコング: 髑髏島の巨神』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが、自身や自作を語る動画が公開。「影響を受けた映画」や「使用する楽曲への思い入れ」など、ファンからの質問に彼が回答しています。また、ファンが最も気になっていたであろう「髭に対するこだわり」も明らかになる、貴重な映像になっています。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎