ニュース

原美術館で仏の美術作家の個展、硫黄や蜜蝋、ガラス玉を駆使した官能的に輝く作品世界

フランスの現代美術作家ジャン=ミシェル・オトニエルの個展『マイ ウェイ』が、3月11日まで東京・品川の原美術館で開催されている。

ジャン=ミシェル・オトニエルは、硫黄や蜜蝋、イタリア・ムラーノ島で作られた色鮮やかなガラス玉を用いた立体作品を制作するアーティスト。装飾性と官能性を備えた作風で本国フランスを中心に高い評価を得ており、ルーヴル美術館の最寄り駅として知られるパレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅のエントランスに大型作品『夢遊病者のキオスク』が設置されているほか、昨年開催されたパリのポンピドゥ・センターでの個展は3ヶ月の会期中に約20万人が来場した。

オトニエルの日本初個展となる同展は、ジュエリーのように輝く立体作品『ラカンの結び目』、黒ガラスを用いた『黒は美しい』など約60点を展示。かつて邸宅だった原美術館の空間にあわせた構成となっている。生と死、美と官能などを約25年にわたって表現し続けてきたオトニエルの世界をじっくり味わえる絶好の機会になりそうだ。

なお、会期中はフランスの子供服ブランド「ボンポワン」との共催で、ぬり絵、およびARと3Dの技術を用いて作品の制作過程を遊びを通して体験できるワークショップ『ふしぎな現実』も実施される。


『ジャン=ミシェル オトニエル:マイウェイ』

2012年1月7日(土)~3月11日(日)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00 水曜は20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,000円 大高生700円 小中生500円 学期中の土曜日は小中高生の入館無料

ワークショップ
『ふしぎな現実』
2012年1月7日(土)~3月11日(日)
会場:東京都 品川 原美術館 ザ・ホール
時間:11:00~17:00 水曜は20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
料金:無料(入場料別途必要)

(画像上から:「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris)

「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも