ニュース

原美術館で仏の美術作家の個展、硫黄や蜜蝋、ガラス玉を駆使した官能的に輝く作品世界

フランスの現代美術作家ジャン=ミシェル・オトニエルの個展『マイ ウェイ』が、3月11日まで東京・品川の原美術館で開催されている。

ジャン=ミシェル・オトニエルは、硫黄や蜜蝋、イタリア・ムラーノ島で作られた色鮮やかなガラス玉を用いた立体作品を制作するアーティスト。装飾性と官能性を備えた作風で本国フランスを中心に高い評価を得ており、ルーヴル美術館の最寄り駅として知られるパレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル駅のエントランスに大型作品『夢遊病者のキオスク』が設置されているほか、昨年開催されたパリのポンピドゥ・センターでの個展は3ヶ月の会期中に約20万人が来場した。

オトニエルの日本初個展となる同展は、ジュエリーのように輝く立体作品『ラカンの結び目』、黒ガラスを用いた『黒は美しい』など約60点を展示。かつて邸宅だった原美術館の空間にあわせた構成となっている。生と死、美と官能などを約25年にわたって表現し続けてきたオトニエルの世界をじっくり味わえる絶好の機会になりそうだ。

なお、会期中はフランスの子供服ブランド「ボンポワン」との共催で、ぬり絵、およびARと3Dの技術を用いて作品の制作過程を遊びを通して体験できるワークショップ『ふしぎな現実』も実施される。


『ジャン=ミシェル オトニエル:マイウェイ』

2012年1月7日(土)~3月11日(日)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00 水曜は20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,000円 大高生700円 小中生500円 学期中の土曜日は小中高生の入館無料

ワークショップ
『ふしぎな現実』
2012年1月7日(土)~3月11日(日)
会場:東京都 品川 原美術館 ザ・ホール
時間:11:00~17:00 水曜は20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
料金:無料(入場料別途必要)

(画像上から:「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris、「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris)

「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」(部分) 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ラカンの結び目(Le Noeud de Lacan)」 2009 年 鏡面ガラス、金属 150 x 135 x 50 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「ハピネス ダイアリー(Diary of Happiness)」 2008 年 ムラーノガラス、木 206 x 348 x 33 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Mariano C. Peuser Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「涙(Lagrimas)」 2002 年 ガラス、水、テーブル 140 x 500 x 70 cm 個人蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Private Collection Photo by Guillaume Ziccarelli Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
「私のベッド(Mon Lit)」 2002 年 ムラーノガラス、アルミニウム、飾りひも、フェルト 290 x 240 x 190 cm François Odermatt 蔵 ©Jean-Michel Othoniel/Adagp, Paris 2012 Collection François Odermatt Photo by Patrick Gries Courtesy of Galerie Perrotin, Paris
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開