ニュース

Qomolangma Tomatoの3年ぶりニューアルバム『カジツ』はPOPGROUPからリリース

Qomolangma Tomatoのニューアルバム『カジツ』が、3月21日にリリースされる。

約3年ぶりのアルバムとなる同作は、2010年に加入した北沢(Ba)を迎えた新体制での初の作品。危うさを感じさせるエモやパンクをベースに、ラップやポップスの要素も消化したソリッドかつダイナミックなサウンドと、文学性を感じさせる歌詞による全10曲が収録されている。

石井ナルト(Vo)は同作について、「正直、過去最高に楽しい楽曲制作でした。新メンバーが入ったことで、このバンドが持っている潜在能力がフル稼働した気がします」とリリース元となるPOPGROUP Recordingsのオフィシャルサイトでコメント。さらに、アルバムタイトルは日本現状へ警鐘を鳴らす「アダムとイブの果実」という意味と、石井と小倉直也(Gt)の幼少期からの関係を意味する「過日」という言葉をかけたものであることも明かしている。

なお、同バンドは5月13日に東京・渋谷のO-WESTでリリースを記念したワンマンライブを開催。また、4月21日と22日に東京・お台場の特設野外ステージで開催される『KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'12』への出演も決定している。

※記事掲載時、リリース記念ワンマンライブの会場を誤って表記しておりました。訂正してお詫びいたします。

Qomolangma Tomato
『カジツ』

2012年3月21日発売
価格:2,500円(税込)
POP-132

1. AN ARELLGY TO THE FUTURE
2. 翌朝
3. 恐るべき子供たち
4. NO TOKYO
5. スパイラル
6. スローダウン
7. 渋谷
8. 目眩がして
9. プレイロット
10. 暗い世界の車窓から

amazonで購入する

(画像上:Qomolangma Tomato、画像下:Qomolangma Tomato『カジツ』ジャケット)

Qomolangma Tomato
Qomolangma Tomato
Qomolangma Tomato『カジツ』ジャケット
Qomolangma Tomato『カジツ』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mime“Driftin”MV

5人組バンドMimeによる“Driftin”MVが公開。シャムキャッツやJJJのMVも手掛けた芳賀陽平がディレクションを務めており、逆光やボケをあえて取り入れる演奏シーンが新鮮。突き動かされるようなサウンドと伸びやかな声の相性が抜群で、閉じ込めた気持ちと解放感のせめぎ合いを感じる歌詞もエロい。(井戸沼)

  1. 星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り 1

    星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り

  2. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 2

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  3. 新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送 3

    新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送

  4. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 4

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  5. 映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着 5

    映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着

  6. 究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化 6

    究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化

  7. オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作 7

    オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作

  8. 植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も 8

    植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

  9. 少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介 9

    少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介

  10. D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品 10

    D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品