ニュース

軍事機器から電子楽器へ、ロボット声の歴史を紐解く書籍『エレクトロ・ヴォイス』

ロボットボイスの歴史にスポットをあてた書籍『エレクトロ・ヴォイス 変声楽器ヴォコーダー/トークボックスの文化史』が、5月18日に発売される。

同書は、電子楽器ボコーダーやエフェクターのトークボックスの歴史を中心に、ロボットボイスの歴史を独自の視点から紐解いたもの。1928年にアメリカのベル研究所で開発されたボコーダーが、第2次世界大戦では盗聴防止の軍事機器として用いられ、やがてミュージシャンたちに楽器として愛されていった経緯をはじめ、ナチスやスターリンの収容所から、人工咽頭、SF映画、オートチューンまで、様々な時代と対象が豊富な図版と共に取り上げられている。

また、Afrika Bambaataa、KRAFTWERK、Bee Gees、The Who、スティーヴィー・ワンダー、ブーツィー・コリンズといった数多くのミュージシャンについて触れられている点も注目だ。著者はアメリカのHIP HOPライターのデイヴ・トンプキンズ。

『エレクトロ・ヴォイス 変声楽器ヴォコーダー/トークボックスの文化史』

2012年5月18日発売
著者:デイヴ・トンプキンズ
価格:3,360円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

amazonで購入する

(画像:『エレクトロ・ヴォイス 変声楽器ヴォコーダー/トークボックスの文化史』表紙)

『エレクトロ・ヴォイス 変声楽器ヴォコーダー/トークボックスの文化史』表紙
『エレクトロ・ヴォイス 変声楽器ヴォコーダー/トークボックスの文化史』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開