ニュース

『京都音博』にジェームス・イハが追加、くるりの熱烈オファーで実現

9月22日に京都・梅小路公園で開催されるくるり主催の野外フェスティバル『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』の追加出演者が発表された。

今回発表された出演者は、今年3月に約14年ぶりとなるソロアルバム『LOOK TO THE SKY』をリリースし、先日開催された『FUJI ROCK FESTIVAL'12』にも出演したジェームス・イハ(A Perfect Circle、Tinted Windows、ex.The Smashing Pumpkins)。今回の出演は、以前からイハのファンだったというくるりによる熱烈なオファーによって実現したという。

くるりの岸田繁は今回の発表について「音博出演最終アーティストが発表になりました。我らがオルタナ・アイドルであるジェームス・イハが出演してくれることになりました。ベースの佐藤とはバンドを一緒にやり始めた高校生時代、Smashing Pumpkinsの話ばかりしていたような気がします。時を経て、ここでひとつ夢がかないます」と喜びのコメントを寄せている。チケットは現在発売中。

なお、くるりは本日7月31日に東京・代々木公園野外ステージで野外フリーライブ『QURULI FREE LIVE at YOYOGI 2012~everybody feels the same~』を開催。優先エリアへの入場方法はくるりのオフィシャルサイトで確認しよう。

『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』

2012年9月22日(土)OPEN 10:30 / START 12:00
会場:京都府 梅小路公園 芝生広場
出演:
くるり
小山田壮平(andymori)
岸田繁(くるり)
木村カエラ
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
高橋優
細野晴臣
ホリエアツシ(ストレイテナー、ent)
雅-MIYAVI-
吉田省念(くるり)
山口洋(HEATWAVE)
ジェームス・イハ
料金:8,888円

『京都1000人の宝探し大会2012』

2012年9月23日(日)
会場:京都市内
料金:2,000円

(画像上:『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』ロゴ、画像下:ジェームス・イハ)

『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』ロゴ
『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』ロゴ
ジェームス・イハ
ジェームス・イハ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年