ニュース

『京都音博』にジェームス・イハが追加、くるりの熱烈オファーで実現

9月22日に京都・梅小路公園で開催されるくるり主催の野外フェスティバル『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』の追加出演者が発表された。

今回発表された出演者は、今年3月に約14年ぶりとなるソロアルバム『LOOK TO THE SKY』をリリースし、先日開催された『FUJI ROCK FESTIVAL'12』にも出演したジェームス・イハ(A Perfect Circle、Tinted Windows、ex.The Smashing Pumpkins)。今回の出演は、以前からイハのファンだったというくるりによる熱烈なオファーによって実現したという。

くるりの岸田繁は今回の発表について「音博出演最終アーティストが発表になりました。我らがオルタナ・アイドルであるジェームス・イハが出演してくれることになりました。ベースの佐藤とはバンドを一緒にやり始めた高校生時代、Smashing Pumpkinsの話ばかりしていたような気がします。時を経て、ここでひとつ夢がかないます」と喜びのコメントを寄せている。チケットは現在発売中。

なお、くるりは本日7月31日に東京・代々木公園野外ステージで野外フリーライブ『QURULI FREE LIVE at YOYOGI 2012~everybody feels the same~』を開催。優先エリアへの入場方法はくるりのオフィシャルサイトで確認しよう。

『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』

2012年9月22日(土)OPEN 10:30 / START 12:00
会場:京都府 梅小路公園 芝生広場
出演:
くるり
小山田壮平(andymori)
岸田繁(くるり)
木村カエラ
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
高橋優
細野晴臣
ホリエアツシ(ストレイテナー、ent)
雅-MIYAVI-
吉田省念(くるり)
山口洋(HEATWAVE)
ジェームス・イハ
料金:8,888円

『京都1000人の宝探し大会2012』

2012年9月23日(日)
会場:京都市内
料金:2,000円

(画像上:『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』ロゴ、画像下:ジェームス・イハ)

『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』ロゴ
『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』ロゴ
ジェームス・イハ
ジェームス・イハ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像