ニュース

小栗旬と森山未來出演の『髑髏城の七人』、第10弾『ゲキ×シネ』として劇場公開

2011年に上演された劇団☆新感線の舞台『髑髏城の七人』が、『ゲキ×シネ』プロジェクトの第10弾作品として2013年1月12日から全国の映画館で公開される。

『ゲキ×シネ』は、劇団☆新感線の舞台公演をデジタルシネマの技術を用いて映画館で上映するプロジェクト。俳優の汗や涙、感情の機微まで体感できるように計算された緻密な映像表現と、臨場感溢れるクリアな音響で演劇の魅力を幅広い人々に届けている。

今回『ゲキ×シネ』で上演される『髑髏城の七人』は、1990年の初演以来4回目の上演となる劇団☆新感線の代表作。天下統一を目前とした豊臣秀吉の支配がいまだ届いていない関東の制覇をもくろむ「関東髑髏党」を率いる天魔王と、天魔王との因縁をもつ捨之介、蘭兵衛らとの戦いを描く。

捨之介役を小栗旬、天魔王役を森山未來が演じるほか、早乙女太一、小池栄子、勝地涼 仲里依紗らが出演者に名を連ねており、これまでに古田新太、市川染五郎が主演を務めてきた「ドクロシリーズ」に、実力派の若手陣が新たな風を吹き込んでいる。

また、チケット料金がこれまでと比べてリーズナブルになるなど、10作品目を記念した試みにも挑んでいる。前売チケットは現在発売中。

『髑髏城の七人』

2013年1月12日(土)から全国公開、新宿バルト9のみ1月5日(土)から先行上映
作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
出演:
小栗旬
森山未來
早乙女太一
小池栄子
勝地涼
仲里依紗
高田聖子
粟根まこと
河野まさと
千葉哲也
配給:ヴィレッヂ、ティ・ジョイ、プレシディオ

(画像:『髑髏城の七人』ポスター ©ヴィレッヂ/劇団☆新感線)

『髑髏城の七人』ポスター ©ヴィレッヂ/劇団☆新感線
『髑髏城の七人』ポスター ©ヴィレッヂ/劇団☆新感線
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. 凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた? 1

    凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

  2. りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲 2

    りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲

  3. 佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も 3

    佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も

  4. アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催 4

    アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

  5. 稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら 5

    稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら

  6. 名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く 6

    名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く

  7. モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開 7

    モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開

  8. 是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』 8

    是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』

  9. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 9

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  10. マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も 10

    マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も