ニュース

『第16回 文化庁メディア芸術祭』受賞作品決定、過去最多3500超の応募作品から選出

文化庁メディア芸術祭実行委員会による『第16回 文化庁メディア芸術祭』の受賞作品と、功労賞の受賞者が発表された。

今年度は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界71の国と地域から1,502点の応募も含む、過去最多となる3,503点の作品が集まった。

アート部門では、スイスのアートユニットCod.Actによるミュージックパフォーマンス『Pendulum Choir』が大賞を獲得。9人のアカペラと18の油圧ジャッキから構成されたオリジナル合唱作品で、テクノロジーの複雑性と生身の身体の叙情が融合した作品性と、アイデアを実現する高度な技術力、芸術の未来を予感させる高い完成度が評価された。

エンターテインメント部門の大賞は、Perfumeが海外向けウェブサイトで展開したオープンソースプロジェクト『Global Site Project』が受賞した。受賞者は真鍋大度、MIKIKO、中田ヤスタカ、堀井哲史、木村浩康の5人。

アニメーション部門の大賞は、大友克洋による短編アニメーション『魔火要鎮』が受賞。伝統的な日本画の画風をモチーフとし、舞台である江戸の風俗や道具、生活を再現する描写にこだわった映像表現や、作画のアニメーションと3DCGによる表現を融合させた斬新さでも高い評価を得た。

マンガ部門では、フランスのブノワ・ペータースとベルギーのフランソワ・スクイテンによるバンド・デシネ(BD)作品『闇の国々』が大賞を受賞。現実世界と紙一重の次元にある謎の都市群「闇の国々」を舞台に繰り広げられる不思議な事件を描いた人気作品で、日本語版は古永真一と原正人の訳で今年刊行された。

また功労賞には、NHKなどで活動した音響技術者の佐藤茂、電子出版物プロデューサーの江波直美、アニメーションのメカニックデザイナー大河原邦男、少女漫画誌『別冊マーガレット』『花とゆめ』『LaLa』などの編集に携わった編集者の小長井信昌が選出された。

『第16回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』は、2013年2月13日から東京・六本木の国立新美術館で開催。今回発表された受賞作に加え、審査委員会推薦作品もあわせた作品が展示される。また、受賞者への贈呈式は2月12日に東京ミッドタウンで開催される。

『第16回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2013年2月13日(水)~2月24日(日)
会場:東京都 六本木 国立新美術館企画展示室1E、講堂
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで開館)
休館日:2月19日
料金:無料

『第16回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品』

アート部門
大賞
『Pendulum Choir』Cod.Act(Michel DÉCOSTERD、André DÉCOSTERD)
優秀賞
『欲望のコード』三上晴子
『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』SOL CHORD(前田真二郎、岡澤理奈)
『Bye Buy』Neil BRYANT
『On Pause』Mikhail ZHELEZNIKOV
新人賞
『Outback and Beyond』Grayson COOKE、Mike COOPER
『Species series』YANG Wonbin
『Strata #4』Quayola

エンターテイメント部門
大賞
『Perfume "Global Site Project"』真鍋大度、MIKIKO、中田ヤスタカ、堀井哲史、木村浩康
優秀賞
『あさっての森』三木俊一郎
『勝手に入るゴミ箱』倉田稔
『水道橋重工「KURATAS」』倉田光吾郎、吉崎航
『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』外山 圭一郎(GRAVITY DAZE チーム)
新人賞
『どうでもいいね!』IDPW
『永野亮「はじめよう」』新井風愉
『ハイスイノナサ「地下鉄の動態」』大西景太

アニメーション部門
大賞
『火要鎮』大友克洋
優秀賞
『アシュラ』ジョージ秋山、さとうけいいち
『おおかみこどもの雨と雪』細田守
『グレートラビット』和田淳
『グスコーブドリの伝記』杉井ギサブロー
新人賞
『布団』水尻自子
『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』モンキー・パンチ、山本沙代
『Oh Willy...』Emma De SWAEF、Marc James ROELS

マンガ部門
大賞
『闇の国々』ブノワ・ペータース、フランソワ・スクイテン(訳:古永真一、原正人)
優秀賞
『岳 みんなの山』石塚真一
『ましろのおと』羅川真里茂
『ムチャチョ‐ある少年の革命』エマニュエル・ルパージュ
『GUNSLINGER GIRL』相田裕
新人賞
『凍りの掌 シベリア抑留記』おざわゆき
『千年万年りんごの子』田中相
『ぼくらのフンカ祭』真造圭伍

功労賞
佐藤茂(音響技術者)
江波直美(電子出版物プロデューサー)
大河原邦男(メカニックデザイナー)
小長井信昌(編集者)

(画像上から:『第16回 文化庁メディア芸術祭』シンボルマーク、アート部門大賞『Pendulum Choir』 Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD) ©Cod.Act photo:Xavier 、エンターテインメント部門大賞 『Perfume "Global Site Project"』 真鍋大度/ MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康 ©株式会社ライゾマティクス + 株式会社アミューズ + ユニバーサル ミュージック合同会社、アニメーション部門 大賞 『火要鎮』 大友 克洋 ©SHORT PEACE COMMITTEE、マンガ部門 大賞 『闇の国々』 ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン 訳:古永真一/原正人 ©2008, 2009, 2010 Casterman, Bruxelles All rights reserved.)

『第16回 文化庁メディア芸術祭』シンボルマーク
『第16回 文化庁メディア芸術祭』シンボルマーク
アート部門大賞『Pendulum Choir』 Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD) ©Cod.Act photo:Xavier Voirol
アート部門大賞『Pendulum Choir』 Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD) ©Cod.Act photo:Xavier Voirol
エンターテインメント部門大賞 『Perfume "Global Site Project"』 真鍋大度/ MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康 ©株式会社ライゾマティクス + 株式会社アミューズ + ユニバーサル ミュージック合同会社
エンターテインメント部門大賞 『Perfume "Global Site Project"』 真鍋大度/ MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康 ©株式会社ライゾマティクス + 株式会社アミューズ + ユニバーサル ミュージック合同会社
アニメーション部門 大賞 『火要鎮』 大友 克洋 ©SHORT PEACE COMMITTEE
アニメーション部門 大賞 『火要鎮』 大友 克洋 ©SHORT PEACE COMMITTEE
マンガ部門 大賞 『闇の国々』 ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン 訳:古永真一/原正人 ©2008, 2009, 2010 Casterman, Bruxelles All rights reserved.
マンガ部門 大賞 『闇の国々』 ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン 訳:古永真一/原正人 ©2008, 2009, 2010 Casterman, Bruxelles All rights reserved.
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密