ニュース

『第16回 文化庁メディア芸術祭』受賞作品決定、過去最多3500超の応募作品から選出

文化庁メディア芸術祭実行委員会による『第16回 文化庁メディア芸術祭』の受賞作品と、功労賞の受賞者が発表された。

今年度は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に、世界71の国と地域から1,502点の応募も含む、過去最多となる3,503点の作品が集まった。

アート部門では、スイスのアートユニットCod.Actによるミュージックパフォーマンス『Pendulum Choir』が大賞を獲得。9人のアカペラと18の油圧ジャッキから構成されたオリジナル合唱作品で、テクノロジーの複雑性と生身の身体の叙情が融合した作品性と、アイデアを実現する高度な技術力、芸術の未来を予感させる高い完成度が評価された。

エンターテインメント部門の大賞は、Perfumeが海外向けウェブサイトで展開したオープンソースプロジェクト『Global Site Project』が受賞した。受賞者は真鍋大度、MIKIKO、中田ヤスタカ、堀井哲史、木村浩康の5人。

アニメーション部門の大賞は、大友克洋による短編アニメーション『魔火要鎮』が受賞。伝統的な日本画の画風をモチーフとし、舞台である江戸の風俗や道具、生活を再現する描写にこだわった映像表現や、作画のアニメーションと3DCGによる表現を融合させた斬新さでも高い評価を得た。

マンガ部門では、フランスのブノワ・ペータースとベルギーのフランソワ・スクイテンによるバンド・デシネ(BD)作品『闇の国々』が大賞を受賞。現実世界と紙一重の次元にある謎の都市群「闇の国々」を舞台に繰り広げられる不思議な事件を描いた人気作品で、日本語版は古永真一と原正人の訳で今年刊行された。

また功労賞には、NHKなどで活動した音響技術者の佐藤茂、電子出版物プロデューサーの江波直美、アニメーションのメカニックデザイナー大河原邦男、少女漫画誌『別冊マーガレット』『花とゆめ』『LaLa』などの編集に携わった編集者の小長井信昌が選出された。

『第16回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』は、2013年2月13日から東京・六本木の国立新美術館で開催。今回発表された受賞作に加え、審査委員会推薦作品もあわせた作品が展示される。また、受賞者への贈呈式は2月12日に東京ミッドタウンで開催される。

『第16回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』

2013年2月13日(水)~2月24日(日)
会場:東京都 六本木 国立新美術館企画展示室1E、講堂
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで開館)
休館日:2月19日
料金:無料

『第16回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品』

アート部門
大賞
『Pendulum Choir』Cod.Act(Michel DÉCOSTERD、André DÉCOSTERD)
優秀賞
『欲望のコード』三上晴子
『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW』SOL CHORD(前田真二郎、岡澤理奈)
『Bye Buy』Neil BRYANT
『On Pause』Mikhail ZHELEZNIKOV
新人賞
『Outback and Beyond』Grayson COOKE、Mike COOPER
『Species series』YANG Wonbin
『Strata #4』Quayola

エンターテイメント部門
大賞
『Perfume "Global Site Project"』真鍋大度、MIKIKO、中田ヤスタカ、堀井哲史、木村浩康
優秀賞
『あさっての森』三木俊一郎
『勝手に入るゴミ箱』倉田稔
『水道橋重工「KURATAS」』倉田光吾郎、吉崎航
『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』外山 圭一郎(GRAVITY DAZE チーム)
新人賞
『どうでもいいね!』IDPW
『永野亮「はじめよう」』新井風愉
『ハイスイノナサ「地下鉄の動態」』大西景太

アニメーション部門
大賞
『火要鎮』大友克洋
優秀賞
『アシュラ』ジョージ秋山、さとうけいいち
『おおかみこどもの雨と雪』細田守
『グレートラビット』和田淳
『グスコーブドリの伝記』杉井ギサブロー
新人賞
『布団』水尻自子
『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』モンキー・パンチ、山本沙代
『Oh Willy...』Emma De SWAEF、Marc James ROELS

マンガ部門
大賞
『闇の国々』ブノワ・ペータース、フランソワ・スクイテン(訳:古永真一、原正人)
優秀賞
『岳 みんなの山』石塚真一
『ましろのおと』羅川真里茂
『ムチャチョ‐ある少年の革命』エマニュエル・ルパージュ
『GUNSLINGER GIRL』相田裕
新人賞
『凍りの掌 シベリア抑留記』おざわゆき
『千年万年りんごの子』田中相
『ぼくらのフンカ祭』真造圭伍

功労賞
佐藤茂(音響技術者)
江波直美(電子出版物プロデューサー)
大河原邦男(メカニックデザイナー)
小長井信昌(編集者)

(画像上から:『第16回 文化庁メディア芸術祭』シンボルマーク、アート部門大賞『Pendulum Choir』 Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD) ©Cod.Act photo:Xavier 、エンターテインメント部門大賞 『Perfume "Global Site Project"』 真鍋大度/ MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康 ©株式会社ライゾマティクス + 株式会社アミューズ + ユニバーサル ミュージック合同会社、アニメーション部門 大賞 『火要鎮』 大友 克洋 ©SHORT PEACE COMMITTEE、マンガ部門 大賞 『闇の国々』 ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン 訳:古永真一/原正人 ©2008, 2009, 2010 Casterman, Bruxelles All rights reserved.)

『第16回 文化庁メディア芸術祭』シンボルマーク
『第16回 文化庁メディア芸術祭』シンボルマーク
アート部門大賞『Pendulum Choir』 Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD) ©Cod.Act photo:Xavier Voirol
アート部門大賞『Pendulum Choir』 Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD) ©Cod.Act photo:Xavier Voirol
エンターテインメント部門大賞 『Perfume "Global Site Project"』 真鍋大度/ MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康 ©株式会社ライゾマティクス + 株式会社アミューズ + ユニバーサル ミュージック合同会社
エンターテインメント部門大賞 『Perfume "Global Site Project"』 真鍋大度/ MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康 ©株式会社ライゾマティクス + 株式会社アミューズ + ユニバーサル ミュージック合同会社
アニメーション部門 大賞 『火要鎮』 大友 克洋 ©SHORT PEACE COMMITTEE
アニメーション部門 大賞 『火要鎮』 大友 克洋 ©SHORT PEACE COMMITTEE
マンガ部門 大賞 『闇の国々』 ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン 訳:古永真一/原正人 ©2008, 2009, 2010 Casterman, Bruxelles All rights reserved.
マンガ部門 大賞 『闇の国々』 ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン 訳:古永真一/原正人 ©2008, 2009, 2010 Casterman, Bruxelles All rights reserved.
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く