ニュース

ももクロがスマホ連動ARライブで新曲“アタシハアイス”披露、『爽』CM動画も公開

ももいろクローバーZのARライブ企画『爽快!ももクロ フタの上ツアー』が、本日5月13日からスタートした。

同企画は、ロッテアイス『爽』のフタとスマートフォン用アプリを組み合わせることで、新曲“アタシハアイス”を披露するももいろクローバーZのライブ映像が視聴できるというもの。スマートフォンのかざし方で映像の角度が変化するほか、スマートフォンを近づけることでメンバーにフォーカスされるなど、様々な楽しみ方が可能だ。

“アタシハアイス”のパフォーマンスでは、バニラの妖精に扮する有安杏果と佐々木彩夏のチームと、氷の妖精に扮する玉井詩織と高城れにのチーム、バニラと氷の妖精に扮する百田夏菜子がそれぞれのイメージに合わせた振付を披露している。

同アプリは現在Android版のみダウンロードが可能。iOS版は現在公開に向けての申請を行なっており、公開は5月中旬以降を予定しているとのこと。対応機種などの詳細は『爽』のオフィシャルサイトで確認しよう。

また、ももクロが登場する『爽』のテレビCMが5月14日からオンエアされる。『爽』のオフィシャルサイトではCM本編の映像とメイキング映像が視聴できるほか、楽天レシピで『爽』を使用したももクロメンバーのおすすめレシピも公開されている。

(画像1枚目:『爽快!ももクロ フタの上ツアー』イメージビジュアル、画像2枚目:「ももいろクローバー爽」に扮するももいろクローバーZ、画像3枚目から:ロッテアイス『爽』テレビCM「バニラと氷篇」より)

『爽快!ももクロ フタの上ツアー』イメージビジュアル
『爽快!ももクロ フタの上ツアー』イメージビジュアル
「ももいろクローバー爽」に扮するももいろクローバーZ
「ももいろクローバー爽」に扮するももいろクローバーZ
ロッテアイス『爽』テレビCM「バニラと氷篇」より
ロッテアイス『爽』テレビCM「バニラと氷篇」より
ロッテアイス『爽』テレビCM「バニラと氷篇」より
ロッテアイス『爽』テレビCM「バニラと氷篇」より
ロッテアイス『爽』テレビCM「バニラと氷篇」より
ロッテアイス『爽』テレビCM「バニラと氷篇」より
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと