ニュース

森山未來、土佐信道、森山開次らが文化庁指名で海外滞在、文化交流の架け橋を目指す

文化庁が選ぶ今年度の文化交流使が発表された。

文化交流使は、2003年度から文化庁文化交流使事業の一環として派遣されているもの。芸術家や文化人、研究者らの海外活動を通して日本文化を紹介し、日本の文化的イメージの向上、諸外国との文化人や芸術家間のネットワーク形成を強化することを目指している。

日本在住の芸術家や文化人が外国に一定期間滞在する「海外派遣型」の文化交流使として今回発表されたのは、書道家の武田双雲、アーティストの土佐信道(明和電機)、左官技能士の挾土秀平、キュレーターの長谷川祐子(東京都現代美術館チーフキュレーター)、盆栽師の平尾成志、ダンサーで振付家の森山開次、俳優の森山未來、和太鼓奏者のレナード衛藤の8人。それぞれの活動国は文化庁のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお、ベルギーとイスラエルに1年間滞在し、現地の劇団を拠点に活動を行う予定の森山未來は、「日本の文化がさらに軽やかに海の向こう側へ飛び越えていけるよう、そして、この島国が海の向こう側から様々な文化を受けとめ、取捨できる器量がさらに膨らんでいけるための一つの架け橋になれるよう、精進していきたい所存です」と所属事務所office sakuのオフィシャルサイトでコメントを発表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと