ニュース

『RSR』第5弾でテナー、telephones、ボアズら6組追加&ステージ割発表

8月16日と17日に北海道・石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージで開催される野外音楽フェスティバル『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』の第5弾出演者が発表された。

今回発表されたのは、16日に出演するEIJI SUZUKI(Dachambo)、SKA SKA CLUB、17日に出演するストレイテナー、the telephones、Plenty、SuiseiNoboAzの6組。また、17日に出演するUGUISSのライブにボーカルとして渡辺美里が参加することも明らかになった。さらに、各出演者のステージ割も発表されたのであわせてチェックしてみよう。

チケットは現在発売中。

イベント情報

『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』

2013年8月16日(金)OPEN 10:00 / START 15:00 / END 23:00(予定)
2013年8月17日(土)OPEN 10:00 / START 12:30 / END 5:00(予定)
会場:北海道 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ

8月16日出演:
[SUN STAGE]
10-FEET
怒髪天RSR 石狩鍋Special
仲井戸“CHABO”麗市 Friday Night Session
the HIATUS
[EARTH TENT]
クリープハイプ
グループ魂
SiM
DOES(for CAMPERS)
the pillows
Base Ball Bear
RIZE(for CAMPERS)
[RED STAR FIELD]
安藤裕子
EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX(for CAMPERS)
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
大橋トリオ
奥田民生
Nothing's Carved In Stone
[BOHEMIAN GARDEN]
稲川淳二(for CAMPERS)
EIJI SUZUKI(Dachambo)
踊ろうマチルダ
完熟トリオ(小坂忠、鈴木茂、中野督夫)
斎藤有太 solo×solo
[RAINBOW SHANGRI-LA]
amazarashi
KINGDOM☆AFROCKS(for CAMPERS)
Chara×Yusuke Kobayashi(THE NOVEMBERS)×KenKen(RIZE)&[Shinji Asakura×Rio×Masaki Narita]
→Pia-no-jaC←
Mountain Mocha Kilimanjaro(for CAMPERS)
宮沢和史&TRICERATOPS
[def garage]
THE COLLECTORS
SKA SKA CLUB
ZEPPET STORE
tricot
FUZZY CONTROL
BO NINGEN
and more
8月17日出演:
[SUN STAGE]
くるり
SCOOBIE DO
東京スカパラダイスオーケストラ
マキシマム ザ ホルモン
MISIA
MONGOL800
[EARTH TENT]
アルカラ
サンボマスター
ストレイテナー
the telephones
The Birthday
back number
真心ブラザーズ
locofrank
[RED STAR FIELD]
UGUISS feat. MISATO
ZAZEN BOYS
Char
ハナレグミ
細野晴臣
YOUR SONG IS GOOD
レキシ
[BOHEMIAN GARDEN ]
岩崎愛
梅津和時KIKI BAND
エマーソン北村
キセル
奇妙礼太郎
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
ゴンチチ
THEATRE BROOK
cero
チャラン・ポ・ランタン
バンバンバザール
[RAINBOW SHANGRI-LA]
group_inou
白A
plenty
LITE
TONE PARK
[def garage]
快速東京
ギターウルフ
Jake stone garage
SuiseiNoboAz
NUBO
ハルカトミユキ
The Flickers
WHITE ASH
0.8 秒と衝撃。
and more

料金:
8月16日券9,000円
8月17日券12,500円
2日間通し券18,000円
HEAVEN'Sテントサイト付き2日間通し券21,000円
FORESTテントサイト付き2日間通し券21,000円
オートキャンプ付き2日間通し券30,000円
会場内駐車券3,000円
会場外駐車券2,000円
片道バス券600円

(画像:『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』ロゴ)

『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』ロゴ
『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年